2019/08/09

Healthcare Venture Conference KYOTO 2019 開催報告

>Click here for English

送付用_HVC集合写真.jpgこの度は、HVC KYOTO 2019にご参加頂き誠にありがとうございました!250名の多様な方々にご来場いただきました。
また、JETRO地域対日直接投資カンファレンスの一環で来られたボストン企業も加わり、ピッチ登壇29件、パートナー企業
との個別面談93件と、昨年以上の盛会となりましたこと、重ねて感謝申し上げます。
下記にて開催報告をしておりますので、ご高覧ください。次回のHVC KYOTO 2020へのご参加をお待ちしております。

<業種別参加者属性>

WEB.PNG

日時:2019年7月1日(月) 9:30-17:00 展示会 9:30-18:00 個別面談 10:20-16:30
会場:京都リサーチパーク 西地区 4号館 B1F

プログラム

9:30 「開会あいさつ」日本貿易振興機構(JETRO) 理事  入野 泰一

9:40 特別講演 「創薬とトランスレーショナルリサーチへのデザイン主導のアプローチ」
        スタンフォード大学医学部 ディレクター(創薬イノベーション)
        トランスレーショナルリサーチSPARKプログラム  Rieko Yajima Ph.D

10:15 ピッチセッション 9 Innovative Pitch
Presentation 1:「オキシトシンに関連する自閉スペクトラム症治療薬の創製」
        スカイシーファーマ(株) 代表取締役  小上 裕二 氏
Presentation 2:「遺伝子スイッチによるエピジェネティック創薬」
        (株)ReguGene 代表取締役  池田 修司 氏
Presentation 3:「インドを起点とする再生医療の実現」
        Cellagility Biomed(株) 技術顧問  長谷川 光一 氏
Presentation 4:「ウサギやヒトからモノクローナル抗体を発掘する強力な手法」
        iBODY(株) 代表取締役  加藤 晃代 氏
Presentation 5:「認知症の治療薬開発を支援するコンパニオン診断"AIプログラム"」
        (株)ERISA 取締役,(事業開発責任者)CDO  野津 良幸 氏
Presentation 6:「複数のジスルフィド結合を持つペプチドの医薬品等への展開」
        国立研究開発法人産業技術総合研究所 招聘研究員  黒澤 和彦 氏
Presentation 7:「ラミニン由来ペプチドであるラミニン411およびラミニン511を用いた象牙質再生治療法」
        北海道医療大学 歯学部 教授  斎藤 隆史 氏 (発表代行 荻原 靖友 氏)
Presentation 8:「睡眠時無呼吸の治療方法を変えるパラダイム」
        タングラボ社 代表取締役会長, CEO  ジャンミシェル・モクレール 氏
Presentation 9:「視力矯正に新しいソリューションを与えるフルレンジ度数可変眼鏡」
        (株)エルシオ 代表取締役  澁谷 義一

12:15 昼食休憩

13:15
 「来賓あいさつ」京都大学 産官学連携本部 副本部長 教授  木村 俊作
 ボストンセッション
 京都市-ボストン市の姉妹都市60周年を記念し、バイオジェン・ジャパン及びボストンから日本でのビジネスを希望する
 スタートアップ・ベンチャ ーが参加。
    基調講演 「Introduction for new drug development based on Neuroscience research」
          Biogen Japan Inc. 代表取締役会長  鳥居 慎一
    11 International Startup pitch
Presentation 1:「BioLabs, the experience of a biotechnology company in a shared-laboratory facility」
         Biolabs, Site Director, Tufts Launchpad Christine Kressirer, PhD
Presentation 2:「Intraoral Health Monitor」
         UCHU Biosensors, Inc. Co-Founder, CEO, Biomedical Engineer Daniel Weinstein
Presentation 3:「High-throughput Peptide Manufacturing for Therapeutic Research and Drug Discovery」
         Mytide Therapeutics, Cofounder Dale A.Thomas III
Presentation 4:「Automating gene editing using a digital microfludics platform」
         Drop Genie, Co-founder, Chief Product Officer Alison Hirukawa
Presentation 5:「Innovate faster, Climb higher」
         North Shore InnoVentures, CEO Christopher R.C.Ilsley
Presentation 6:「OneRNA™: a paradigm shift to truly individualized treatment」
         Genomic Expression, CEO and cofounder Gitte Pedersen
Presentation 7:「Stratifying indolent from aggressive cancers: it's the biology, not the histology」
         Cellanyx Diagnostics, CEO Guy L. Fish
Presentation 8:「Analytics, AI & Automation in Cell Culture & Stem Cell Culture」
         Thrive Bioscience, Inc. Co-Founder, CEO, President & Board Member Thomas Forest Farb-Horch
Presentation 9:「Leveraging wastewater as a window into population health」
         Biobot Analytics, Inc. Product manager Noriko Endo
Presentation 10 :「App based mangement of respiratory disease using cough sounds and machine learning」
         Canairy, CEO, PhD student, Icahn School of Medicine at Mount Sinai Rayees Rahman
Presentation 11 :「Innovation in Drug Delivery: Needle-Free Auto-Injector」
         PORTAL INSTRUMENTS, INC. Vice President of Engineering Andrew Coats

14:45 コーヒーブレーク

15:00 ピッチセッション 9 Innovative Pitch
Presentation 1:「産学連携による効率的な創薬アセットの価値最大化と新薬創出」
        アーサム・セラピューティクス(株) 代表取締役, COO/CSO  長袋 洋 氏
Presentation 2:「光超音波技術(PAI)を用いた新規画像診断機器」
        (株)ルクソナス 代表取締役  相磯 貞和 氏
Presentation 3:「RNAスイッチ技術により再生医療・創薬分野の課題を解決」
        (株)aceRNA Technologies 研究開発部 部長  金 信一 氏
Presentation 4:「IoT/AIを活用した在宅での見守りから看取りまで」
        ハッピープロジェクト合同会社(京都造形芸術大) 共同代表CEO  川向 正明 氏
Presentation 5:「世界中のお母さんに安心・安全な出産を~周産期遠隔医療プラットフォームの構築」
        メロディ・インターナショナル(株) 代表取締役CEO  尾形 優子 氏
Presentation 6:「Transforming Cold Tumors Hot: A Novel Strategy to Fight Off Immune Checkpoint Inhibition-Resistant Tumors」
        ユナイテッド・イミュニティ(株) 代表取締役  原田 直純 氏
Presentation 7:「心不全治療への新たな希望」
        (株)メトセラ 経営企画部/バイスプレジデント  ペク・ジュン 氏
Presentation 8:「iPS細胞技術が呼吸器疾患創薬を変える」
        京都大学 大学院医学研究科呼吸器疾患創薬講座 特定助教  山本 佑樹 氏
Presentation 9:「 Kenko Technology - Digitizing Human Emotions」
        The Elegant Monkeys Ltd. VP R&D  Idan Lahav

17:00 ネットワーキング(展示会会場にて)

18:00 交流会(招待制)

参加者の声

  • 非常に分かりやすく且つ英語でのピッチでグローバル企業を目指すにはいいと思った。
  • ボストンのスタートアップの話が聞けた。未知の日本のスタートアップを知ることが出来た。
  • ピッチの仕方、メンターのコメントが参考になった。

ピッチ登壇者の声

  • 日本のベンチャーセクターが世界から注目を浴び、投資などのビジネスディールが国境を越えて起こるような会を是非目指して
    いただきたい。
  • ヘルスケアに特化したイベントで海外の企業の発表なども勉強になった
  • 今後も意見交換していくことになった。メンターの先生方にもとても感謝している。

パートナー企業の声

  • ピッチの質疑応答やファシリテーションは良かった。
  • 業界に所属する様々な方と情報交換を行うことができ、非常に有意義であった。
  • 昨年と比較してもより多くの企業様が参加/登壇されており、この取り組みの注目度が非常に高く、熱気のある企業様が多いと
    感じた。

    1-3.jpg2-3.jpg3-3.jpg4-3.jpg