CLOSE
SITE MAP
イノベーションが
生まれる「まち」。

【親子対象】遊ぶだけで"できる"がふえる!~学習のプロが教える自律する親⼦コミュニケーションの秘訣~

数理塾1217_バナー画像.png

「どうしてこんなことするんだろう?」「何回も注意しているのに...」
と、お子さまとのコミュニケーションに悩まれた経験はありませんか?

眼は⼝ほどにものを⾔うということわざがあります。
実は、眼を⾒ただけで考え⽅のクセや性格なんかもわかったりします。
学習塾で⽣徒を指導する⼀⽅で、アスリートを指導するメンタルコーチでもある講師と一緒に、今回は遊んでいるだけなのになぜか「できる」ことが増える親⼦遊びを体験いただきます!

〜親⼦遊びを体験いただいた⽅の声〜
・ 頭がスッキリして些細なことでイライラしなくなった
・ ⼦どもが⾃分から⾏動するようになってきた
・ 楽しいので⾃然とコミュニケーションがとれる
・ できない理由がわかったのでなぜ集中できないか責めなくなった

\こんな方におすすめ/
・子どもたちと日々接する中で、些細なことでイライラしてしまう
・子どもたちとのコミュニケーションに悩んでいる
・家でもできる遊びを知りたい
・「眼」のトレーニングに関心がある

日時

2023年12月17日(日)11:00~12:00

会場

京都リサーチパーク 東地区 KISTIC2階 たまり場
https://www.krp.co.jp/tamari-ba/access/

参加費

無料

対象

幼児〜⼩学⽣の親子
※お子さまと保護者さまでご参加ください

講師

油谷 拓哉(ゆたに たくや)


京都市出身。近畿大学農学部応用生命化学科卒業後、大手学習塾にて教室長を務める。 その中で、数学が30点から75点へ成績アップした生徒がいる一方で、勉強時間は確保しているのにどうしても成績に結びつかない生徒がいる現状を目の当たりにし、自分自身の無力さを痛感する。
努力をしているが成果が出ない子ども達に届ける教育がしたいと心理学を学び始め、2019年にカウンセリング、コーチングを用い、不登校支援や発達障害支援事業を立ち上げ、現場を知るために京都市公立高校の総合育成支援員としての活動を始める。
生徒と関わる中で、精神的な問題だけでなく目の動きの悪さや身体のバランスの崩れや脳の使い方の癖などが「頑張っているのに成果が出ない」原因の一つであることに気づき、2021年に社団法人化し、ブレインアクション を考案する。2022年2月23日に少人数制学習塾「アイデア数理塾」を開講した。

イベント内容

▶親子遊び:例
・数字を目で追ってみよう
・言葉を様々な角度で声に出して読んでみよう
・後出しジャンケンゲーム

主催

アイデア数理塾
京都リサーチパーク株式会社

詳細・お申込みURL

Peatixよりお申込みください:https://suuri1217.peatix.com/