Ansibleもくもく会 (サーバ編・ネットワーク編)in 京都!

イベント概要

今回は京都で、Ansibleもくもく会を開催します!

Ansible 及び Ansible Towerに関してもくもく勉強をしていく場になります。 GitHubに公開もされている、Ansible Tower含むハンズオンコンテンツを活用しながらもくもくしてみましょう! 実施するワークショップを、サーバー編、ネットワーク編から選択できるようにいたしますが、ネットワーク編の教材は英語です。

Ansibleもくもく会の概要

  • レッドハット様からクラウド上にAnsibleが準備された環境を提供されますので、SSH接続できるPCのみお持ちください。
  • QA対応についてはベストエフォートでの対応となります。
  • PCの貸し出しは行っていません。

この会の対象者

提供された環境で、個人個人の興味、レベルにあわせて、自分のペースで進める会です。

  • Ansible 初心者で、何からはじめたらいいかわからない人
  • Ansibleはちょこちょこ触っているけれど、Ansible Towerを触ってみたい人
  • Ansibleは使っているけれど、自分の腕試しをしてみたい人
  • 与えられた環境で自分でテーマを決めて検証してみたい人
  • Ansibleを普及したい人

参加枠について

  • 一般参加枠:ふつうに参加したい人用の枠です
  • 成果共有発表枠:会の最後に成果共有の発表をしてもらう枠です。どこまで進んだ、何が課題だ、などの簡単な報告で結構です。
  • リモート枠:リモートから参加されたい方の枠です。なお、当日ネットワーク環境によっては会場の雰囲気をお伝えすることが難しい可能性があります。後日送付する電話会議URLにアクセスし、参加するスタイルです。

提供コンテンツ

当日は、Ansible及びAnsible Towerが使えるようにAWSの環境を提供いたします。 利用いただくワークショップ教材は以下となります。

開催日時

2019年11月1日(金)18:30~21:30

開催スケジュール

  • 18:30 会場オープン
  • 19:00 開始
  • 21:00 成果共有LT
  • 21:30 完全撤収

参加者の前提

受講要件Linuxの基礎操作(vi エディタ、各種ファイルの操作)が可能であること

受講に必要なもの

  • WiFi 接続可能なノートPCを持参してください。
  • SSHクライアント(TeraTerm, Putty等)が利用可能なこと
  • ブラウザ(Firefox, Chromeの最新版を推奨)が利用可能なこと

参加費

無料

申込先・詳細URL

https://ansible-users.connpass.com/event/151106/

主催

Ansibleユーザー会 関西支部

共催

マイクロアド株式会社

サポート

レッドハット株式会社

会場

京都リサーチパーク 東地区 KISTIC 2階 たまり場

http://www.krp.co.jp/tamari-ba/access/

リモート参加枠について

開催直前に参加者にウェブ会議参加用のURLを送付いたします。 不具合などありましたら、mnakamur@redhat.com までご連絡ください。

また、事前チェックは以下にアクセスいただき、ウェブ会議サービスへアクセスし、自分の声が返ってこれば正常に動いています。事前チェックへのリンクはこちら