スタートアップ事例

テクノロジースタートアップ ・ アクセラレーター

(株)京都マイクロシステムズ 代表取締役 加藤 好志氏

最大級ピッチコンテストの発表指南
(株)京都マイクロシステムズ 代表取締役 加藤 好志氏

放置すると失明に至ると いわれる緑内障。40歳以上の20人に1人が発病し、高齢化にともなって患者数は増加の一途をたどっていきます。さらにその治療に用いる点眼薬は誤って溢れさせ体内に吸収されると副作用を起こし、死に至る場合もあるのです。当社はその点眼薬を安全・正確に点眼できるための画期的なデバイスを開発。既に特許を出願し試作品を構想中です。さらに具体的な事業化やより価値あるビジネスマッチングの機会をもとめて、国内最大級のピッチコンテストに参加。5分間ピッチそのものも初めての経験でしたが、テクノロジースタートアップ・アクセラレーターで(同)SARRから発表ポイントにつ いて有益なアドバイスをいただき、おかげで49社中の20社に残り2次予選を通過し最終審査に進むことができました。

https://www.kyoto-ms.co.jp/

CORESCOPE(株) 代表取締役 大久保 康氏

売るための助言・サポートで加勢
CORESCOPE(株) 代表取締役 大久保 康氏

研究者時代の経験に基づき、生化学系実験での膨大な作業を正確・迅速にこなすために「これがあればなあ…」と実感していた器具や装置を製造開発、1年たって再生医療など細胞研究の現場を中心に少しずつ反応が出てきたところです。ありそうでなかったニッチ製品であるがゆえに、その製品を必要としている研究者にどうやって製品の存在を知って頂くか、知名度の向上が目下の課題です。(同)SARRやKRP(株)から折々に頂く助言、知財サポーターや補助金の紹介など、重要な情報が得られるKRP地区のネットワークに大いに助けられています。次は高齢者の自立歩行を支援する機器やサービスの開発に向けて「売れるものづくり」を目指していきます。

http://www.corescope.co.jp/

スタートアップ ・ サポートゼミナール

ものレボ(株)代表取締役 細井 雄太氏

起業のイロハがわかる具体的な内容
ものレボ(株)代表取締役 細井 雄太氏

「Google検索では見つけにくい町工場を設備や加工別に検索して見つける」をコンセプトに、一点モノのものづくりに特化したマッチングサービスと、スマート機器の開発をしています。起業に際して京都で一から勉強したいと思い、受講しました。財務や補助金申請に必要な事業計画の立て方などを具体的に知ることができ、おかげで創業補助金を獲得できて感謝しています。
ゼミでは人との出会いが良かったですし、金融機関やKRP(株)には今も相談に乗ってもらっています。今後は一点モノの製造を見積依頼できるサイト「ものづくりクラウド」の登録を1000社以上にすることが目標。スマート機器の事業化コンテストにも挑戦して試作品の完成を目指します。

https://www.mono-revo.co.jp/

(株)Yumegrashi 代表取締役 大門 真悟氏

グループワークが人脈づくりにも
(株)Yumegrashi 代表取締役 大門 真悟氏

外国人観光客をターゲットにした京町家の宿泊施設を開業しました。ゲストハウスが増えるなか、どこか「とんがった宿」にと、 京都らしく「お茶」をテーマにしました。建物のリノベーションをはじめ、しつらえや細かな演出の部分などに、かなりの費用がかかりましたが、それまで知らなかった補助金や利子補給の制度をゼミで教えていただき、不足分の資金を調達することができました。 グループワークを通じて、受講者同士が自然に知り合いになれて、異なる業界の人ともつながりができたことは大きな収穫でした。織屋さんに宿で使う袋物を頼んだり、お寺のご住職がスタッフのお茶指導に来ていただいたりと、ゼミでのつながりが今のビジネスの大切な部分を担っています。

https://www.nijo-nazuna.jp/

お問い合わせ

TEL : 075-315-9185 FAX : 075-322-5348
お電話の受付時間: 9:00~17:30 (土日祝・弊社休業日を除く)
京都リサーチパーク株式会社 成長企業支援部