再生医療ビジネスシンポジウム in KRP Part Ⅹ 「専門家との直接意見交換 これから伸びる分野を徹底討論」 開催後記終了

再生医療ビジネスシンポジウム in KRP Part Ⅹ 「専門家との直接意見交換 これから伸びる分野を徹底討論」 開催後記

日 時:2017年9月26日(火) 9:50 ~ 18:40
会 場:京都リサーチパーク KRP 西地区 4号館 地下1階 バズホール
主 催:京都リサーチパーク株式会社
後 援:経済産業省近畿経済産業局、京都府、京都市、国立研究開発法人日本医療研究開発機構、京都商工会議所、公益社団法人京都工業会、京都産学公連携機構、NPO法人近畿バイオインダストリー振興会議、一般社団法人再生医療イノベーションフォーラム、一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン

本シンポジウムでは、産・学・公から再生医療分野の第一人者を招待し、再生医療分野のビジネスを取り巻く現状や最新の研究、実際の事業化事例等の講演、来場者参加型のパネルディスカッションを実施することで、 参加者の方が再生医療分野でのビジネスを創出していくことを目的に開催しました。
10年目を迎える今年は251名の参加があり、盛大に開催することになりました。

H291.JPG

冒頭、主催者を代表し京都リサーチパーク(株)常務取締役の浅野貢男氏より、成長産業である再生医療関連ビジネスに対する政府の力強い推進の動きを背景に、産業界のさらなる飛躍を目指して、講師の方々との直接の意見交換の場として本セミナーを活用してほしいとの主催者挨拶がありました。

H292.JPG

オーバービューでは、京都大学ウイルス・再生医科学研究所教授の田畑泰彦氏から再生医療を取り巻く現状を総括して頂きました。

また基調講演では、国立がん研究センター研究所の落谷孝広氏から、エクソソームの基盤技術開発から診断・治療応用について最新情報を基にご講演頂きました。

特別講演では、タカラバイオ(株)代表取締役社長の仲尾功一氏、(株)ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング執行役員の井家益和氏から企業が再生医療へ取り組む目線や意義、そして経営について数字を交えて分かりやすくご講演頂きました。

休憩後は、近畿大学医学部教授の磯貝典孝氏から軟骨の再生医療の現状と企業や産業界に期待することをご講演頂き、続く田畑氏との対談では、実際に治療をされている磯貝氏から事例を用いて分かりやすくお話し頂きました。

また、プログラム後半のパネリストからの情報提供では、経済産業省生物化学産業課長の上村昌博氏から国の動きについてご講演頂き、大阪大学大学院工学研究科教授の紀ノ岡正博氏からは、再生医療のサプライチェーン・バリューチェーン・メディカルチェーンの大切さをご講演頂きました。

また理化学研究所の髙橋政代氏からは網膜色素上皮の治療の進展状況について、神戸大学大学院医学研究科教授の黒田良祐氏からは整形外科の再生治療の現状、国立成育医療研究センター副所長の梅澤明弘氏からは安全性・有効性について、また医工連携推進機構の吉川典子氏からはビジネスの進め方について、それぞれの先生方から分かりやすく示唆に富んだご講演を頂きました。

H293.JPG

最後のパネルディスカッションでは会場から質問がやむことなく、参加者からは非常に有意義な時間を過ごすことが出来たと嬉しいコメントを頂くことが出来ました。

H294.JPG

交流会では展示企業のプレゼンや積極的な名刺交換が行われ、再生医療ビジネスが本格的になってきたことを感じさせる一日となりました。


来年度も是非ご参加ください!