2018/03/22

ジェトロ地域貢献プロジェクト ボストン派遣事業レポート(2018/2/4-11)

京都のヘルスケアベンチャー6社の代表と、ジェトロ、京都府、京都市、京都大学、KRPなどの関係者16名が、2/4-11の日程でボストンおよびニューヨークへ渡航し、現地で開催した「Kyoto Life Science Venture Networking Seminar」にて自社のプレゼンと現地企業とのマッチングを行いました。本イベントは、京都府/京都市とマサチューセッツ州/ボストン市とのビジネス交流促進を目的としたジェトロ地域貢献プロジェクトの一環としてジェトロ・京都府・京都市の主催で実現、これまでの HVC KYOTO 登壇企業から4社が参加しました。

参加6企業.jpg

「Kyoto Life Science Venture Networking Seminar」は、ボストン地域で2回、ニューヨークで1回の計3回開催しました。ジェトロ京都の石原所長が冒頭に趣旨を説明、京都大学の小栁特定准教授による「京都の起業支援の取組み紹介」に続いて、6社が各社の事業をプレゼンし、その後の交流会で参加者との交流を図りました。また、滞在期間中は、各社が個別の企業面談を精力的に実施し、ヘルスケア分野で世界を代表する拠点であるボストン地域と、金融の中心地であるニューヨークで、米国でのビジネス展開に向けた可能性を探りました。

セミナーの様子.jpg

ボストン到着日の2月4日は、全米が注目するアメリカンフットボールのスーパーボウル開催日。地元のペイトリオッツが登場するとあって、夜中まで市内は大騒ぎでした。実質的な滞在初日となった2月5日は、マサチューセッツ州・国際貿易投資室(MOITI)とボストン市を表敬訪問する共に、世界最大のベンチャーインキュベーション施設である CIC(ケンブリッジ・イノベーション・センター) を見学。シリコンバレーを抜いて、2年連続で全米1位のスタートアップ・コミュニティとなったボストン地域の実態を目の当たりにしました。

表敬訪問.jpg

初回セミナーは、2月6日にボストン地域を代表するヘルスケア業界団体 MassBIO の本部で開催し、現地のベンチャーや弁護士など約20名が参加しました。翌2月7日は、ヘルスケア分野に特化したインキュベーション施設である LabCentral でも開催。製薬企業や投資家など約20名の参加者に加え、入居企業がセミナーの途中に様子を覗きに来たり、出勤途中で立ち止まって聞いたり、とインキュベーション施設ならではの様子が見られました。また、LabCentral CEOで、2016年のHVC KYOTOで講演されたJohannes Freuhaufさんも、忙しい中を縫ってセミナーへ駆け、企業プレゼンに対して早速関連入居企業を紹介するなど、米国のスピード感を感じました。

セミナー会場:ボストン.jpg

2日間のセミナー終了後は、世界を代表するCRO(医薬品開発業務受託機関)の PAREXEL International Corporation を訪問、事業紹介に加えて、米国で事業化を進める際のポイントなどのレクチャーを受けました。この訪問の様子がボストン地域で発行部数#1の Boston Globe誌で紹介 されるなど、今回のツアーは現地でも注目を集めました。また、夜は道井 緑一郎在ボストン日本国総領事公邸での歓迎レセプションに参加し、ボストン地域の行政や企業関係者と交流しました。ボストン最終日となった2月8日は、ボストン・レッドソックスの本拠地であるFenway Parkを訪問、地域との協創関係を築くためのストーリー作りの重要性を学ぶと共に、2019年に迎える京都市とボストン市の姉妹都市締結60周年の記念交流に向けた取組みの紹介を受けました。

Parexelと総領事.jpg

ニューヨークでは、2月9日にジェトロNY事務所でセミナーを開催。現地に進出している日系企業を中心に約30名が参加、各社とも精力的に自社のアピールを行いました。また、当日は、午前中の時間を利用してニューヨーク州立大学が運営するインキュベーション施設である Downstate Biotechnology Incubator を訪問、ニューヨークでのヘルスケアベンチャーの支援の仕組みを学びました。かれらは事業進捗に応じて拠点を用意しており、成長したベンチャーのラボやオフィスは、何と陸軍のフェリーターミナル跡地を再整備していました。

NYインキュベーター.jpg

ジェトロ地域貢献プロジェクトでは、2017年8月に開催したHVC KYOTO 2017や、今回のボストン派遣事業を通じて、京都とボストン地域のビジネス交流の創出を目指します。2018年度は、7月3日に HVC KYOTO 2018 の開催が決定。昨年の企業ピッチに加えて、起業前の研究者ピッチを新設して、登壇者数を20件へと倍増します。ヘルスケアに特化した日本唯一の英語ピッチ&パートナリングのイベントとして、グローバル展開を目指す企業・研究者の皆様の事業アイデアを募集中です!

セミナー各社ロゴ.jpg