2017/10/10

自閉症スペクトラム障害治療薬の開発と関連事業

(株)スカイシーファーマ 代表取締役 小上 裕二 氏

「当社は、世界初の自閉症スペクトラム障害治療薬の開発を目指すべンチャーです。当社は、北海道大学の周東教授をアドバイザーとして、オキシトシン誘導体を用いた創薬に取り組んでいます。また、自閉症スペクトラム障害のユニークな動物モデルを開発した金沢大学の東田教授の技術も活用しています。さらに、創薬開発と並行して、抗オキシトシン抗体を用いた診断キットの開発や、体内のオキシトシン作用時間を高める化合物の共同開発も行っています。そして、オキシトシン作用時間を延ばす物質やエクソソームの探索を複数の企業と共同研究しています。

当社は、周東教授が発見した新しいオキシトシン誘導体から2つの候補化合物を導出しました。マウスの初期実験ではオキシトシンの効果が増幅しており、年内もしくは来年には前臨床試験に入る予定です。また、エクソソームのビジネス開発でも良好な実験結果が得られています。

今後開発をすすめていくにあたり、前臨床試験を完了するまでに約10億円が必要となります。そのための資金調達をVCや事業会社から行う予定です。また、フェーズ2臨床試験に進む段階で、ライセンスアウトやM&Aを目指しています。」

【主なメンターコメント】
「オキシトシン誘導体を合成しているが、何故オキシトシンではなく誘導体とする必要があるのか示すべき」 Takeda Pharmaceutical, Sham Nikam氏

「折角オキシトシン誘導体という非常に有望な候補があるので、まだまだ不明なことが多く、製造も確立されていないエクソソームへ手を拡げるよりも、まずは誘導体に集中すべき」 SPARK Berlin, Craig Garner氏

img11_1.jpg
【発表者プロフィール】
1986年東洋醸造入社。1992年合併により旭化成工業医薬事業部(現旭化成ファーマ)入社、2006年旭化成ファーマ退社とともにPRISM BioLab株式会社創設、取締役 研究開発本部長就任、2010年PRISM Bio Lab退社、株式会社D.D.P.創設、代表取締役就任、2015年スカイシーファーマ創設、代表取締役就任。
(株)スカイシーファーマ ウェブサイト http://www.skyseapharma.com/

>> HVC KYOTO2017 記事一覧 に戻る