2021/10/05

2021年度食品トレーサビリティ講習会-食品トレーサビリティの原理と応用-

KRP_730×477.png

原理編では、これまでのように食品トレーサビリティの原理、食品事業者のトレーサビリティ導入の事例、食品衛生管理、危機管理に加えて、海外のトレーサビリティの実情、表示の信頼性確保についても習得いただけるようにします。応用編では、水産庁と連携し、特定の水産物にトレーサビリティが導入できるよう、方法の工夫などを含めた講習を行います。他の品目にも応用できますので、広い分野からの受講をお待ちします。
パンフレットはこちらをご覧ください。

日程

2021年 11月 18日(木)・ 26日(金)
【原理編】11月 18日(木)講義動画配信開始1week視聴可能
【応用編】11月26日(金)13時00分〜16時20分
Zoomによるライブ配信 「水産物への導入のポイント」

対象

食品関連企業の品質管理・品質保証担当者、地方自治体・農協・漁協の食品安全対策や食品流通担当者、農林水産 省・農政局職員、団体・協会の職員、農業経営者・漁業経営者、研究者、学生など ※ 応用編は、水産物への導入のポイントをライブ配信します。多くの水産関係者の受講をお待ちしております。

詳細URL

https://www.kyodai-original.co.jp/open-academy/program/?no=42

お申し込み

https://business.form-mailer.jp/fms/c4cf809b148584

主催

一般社団法人フードシステム研究所・京都