2018/12/13

WHILL(株)様<6号館>が小田急電鉄が目指す「小田急MaaS」の実現に向けて企業間連携を開始されました!

パーソナルモビリティの開発・販売を手がけるWHILL(株)様は、2018年12月12日(水)、小田急電鉄が目指す「小田急MaaS」の実現に向けて、小田急電鉄(株)、(株)ヴァル研究所、タイムズ24(株)、(株)ドコモ・バイクシェアとシステム開発やデータ連携、サービスの検討を相互に連携・協力することを合意しました。

「小田急MaaS」は、小田急グループが保有する多様な交通サービスや生活サービスを、パートナーと連携しながらシームレスに連動させて、1つのサービスとして利用者に提供するものです。具体的には、アプリを通じて、目的地までの移動はもちろん、目的地での楽しみ方の提案から、飲食や宿泊などの予約・決済までを一括して提供するネットワークの構築を目指しているとのことです。

リリースの詳細はこちら

https://whill.jp/news/21890