2019/03/28

みずほ情報総研およびイスラエル先端技術パークGav-Yam Negevと業務協力覚書を締結

日本-イスラエル企業間でのオープンイノベーション実現に向けたインフラを整備

京都リサーチパーク株式会社(以下「KRP」)は、2019年3月17日、イスラエルの先端技術パークであるGav-Yam Negev Advanced Technologies Park(本社:イスラエル ベルシェバ、CEO:Roy Zwebner、以下「Gav-Yam Negev」)およびみずほ情報総研株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西澤 順一)と、先端技術を活用した日本-イスラエル間の新たなビジネス推進に向けた戦略的パートナーシップに関する業務協力覚書を締結しました。

Gav-Yam Negev(ガブ・ヤム・ネゲブ)は、イスラエル南部ベルシェバの研究開発特区に拠点を置く先端技術パークで、サイバーセキュリティ分野を中心に先進的な研究を行うベングリオン・ネゲブ大学(Ben-Grion University of the Negev)との連携によって運営されています。近年は多くの研究開発型ベンチャー企業を排出し、多国籍企業の研究開発拠点が集積する地域として急速に成長しています。

本覚書の締結により、KRPは、Gav-Yam Negevおよびみずほ情報総研株式会社との日本-イスラエル間のビジネスニーズ、技術情報などの共有を通じて、日本企業とイスラエル企業の協業、共同研究開発の推進など、両国が継続的に連携できる体制を構築します。具体的には、「常設的にイスラエルのスタートアップ企業にリーチできる仕組」「日本企業が自社の持つリソースや技術とともに、解決したいニーズ(課題)をイスラエルのスタートアップ企業に提示し、ニーズに対応したスタートアップ企業を紹介するプログラム」を提供する予定です。

2019年、30周年を迎えるKRPは集・交・創の理念のもと、日本有数の学生の街、ベンチャーの街京都でイノベーションの創出に貢献してまいります。

提携.jpg