開催レポート

2017/08/0410:00

【体3】夏休み親子教室 古代火おこしにチャレンジ!

小学生とその保護者を対象に次世代教育プログラム「火育プログラム(火おこし体験)」(親子教室)を開催しました。
大阪ガスでは、「エネルギー環境教育」「食育」「火育」「防災教育」などの次世代教育を通じて、社会とのコミュニケーション推進に積極的に取り組んでいます。
今回は、古代の火おこしやマッチのすり方など、安全な火のおこし方や扱い方、火を使った調理など、「火に親しみ、火を学ぶ」体験を通じて、その豊かさと大切さを学ぶとういう内容で開催しました。




はじめに、ガスがどこで作られているか、どうやって運ばれてくるかなど紹介し、地球環境にやさしい"天然ガス"の特性や都市ガスについて知識を深めました。
次に「ヒトと火との出会い」「火が与えてくれたもの・火の恵み」など、人が火を使うまでの歴史や「火を使い、理解すること」の大切さについて解説しました。
そして会場を屋外に移動して、マッチする体験、火おこし実演、火おこし体験(ひもきり式)火おこしを体験しました。
火おこし体験では、親子ペアの共同作業です。ヒモを左右に動かし、回転速くする、煙が出て、ヒキリ板の溝に黒い木の燃えカスのようなものがたまり始め、さらに回転を続けると、赤く燃える火種ができます。火種をやさしく手であおいで、赤い火が見えたら成功です。今回、ご参加いただいた全員が火おこしに成功しました。
<参加者のこどもの声>
・ちょっと怖かったけど、楽しかった。
・煙が出て、赤い火が見えてよかったです。
<保護者の声>
・何げない普段の生活でしたが、その便利さ・快適さに改めて感謝です。
今回、定員を大きく上回るご応募をいただきました。ありがとうございます。

お問い合わせ

TEL : 075-315-8485
e-mail : krp-week@krp.co.jp
京都リサーチパーク株式会社 KRP WEEK事務局