イベント情報

どこまでが合格ライン?!同一労働同一賃金「現在地点」確認セミナー ~会社は知らなくても「従業員」は黙ってはいない給与格差~

 

えがおワークラボイラスト.png

~会社は知らなくても「従業員」は黙ってはいない給与格差~

皆様は同一労働同一賃金に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。

2020年4月(中小企業は2021年4月)以降、働き方改革関連法案により、いよいよ本格的に『同一労働同一賃金』への対応が開始されており、政府はガイドラインの中で「日本から"非正規"という概念を一掃する」とうたっているほど本腰を入れています。

実際に、全国の短時間・有期雇用労働者に対して、自身の待遇を今一度確認するようパンフレット・チラシを作成するなどして積極的に呼びかけを行っており、今後、次々と『同一労働同一賃金』についての訴訟が発生することが予想されます。

本セミナーでは、現時点で「同一労働同一賃金」対策を最低限どこまでやっておくべきか等、ポイントをわかりやすく説明させて頂きます。

また、今回のセミナー参加企業様には、お客様の現状を分析したうえで同一労働同一賃金に対してどれくらいのリスクが隠れているかを簡易的に診断する『レポート作成サービス』を優先ご案内させて頂きます。

このセミナーをきっかけに、ぜひ貴社の現在地点の確認と今後の対策にお役立て頂ければ幸いです。

講義内容

1.「同一労働同一賃金」を正しく理解する
2.均等待遇の判断基準となる「3要素」とは
3.新ガイドラインのポイント
4.職務(役割)評価、賃金制度の設計について
5.自社の現在地点を知り、やるべきことをやっておく

講師

一般社団法人えがお・ワークラボ エリアマネージャー 上田 典史

愛媛県出身、1987年生まれ。大学卒業後、某金融機関(銀行)に就職。銀行員時代に「組織の在り方」、「人材教育」、「人(自分)と人(上司・同僚)との関わり方」などに対して深い問題意識と関心を持ち、人事労務コンサルタントへ転身。現在は、「活力ある組織=人が成長し続けることができる組織」であるということに確信を持ちつつ、人材教育研修講師や人事評価制度の構築に携わる。

【一般社団法人えがお・ワークラボ】
一般社団法人えがお・ワークラボは組織の主役であるヒトが、仕事観も働き方も自由に選択でき、仕事を通して人生を楽しめるような世の中を目指して、各種支援・活動を行っている。労務・人事の専門家である社会保険労務士が多数在籍しており、社会保険手続き、給与計算、助成金申請はじめ、人材開発・教育人材開発・教育、人事評価制度構築、法改正に関する最新情報の発信など、幅広いコンサルティングを手掛ける。顧客の真のニーズを感じ取り、誠実に対応することをモットーに、働く側と企業側双方の思いや実情を踏まえた支援を行っている。

開催日

2020/09/03(木)、10(木)、17(木)、24(木)、30(水)計5日間
13:00~14:10
(各回同一の内容です)

場所

オンライン開催
お申込みいただいた方に配信URLをお知らせいたします。

主な対象

経営者・企業ご担当者(労務管理、人事総務、採用関係など)

参加費

無料

申込締切

2020年 9月28日(月)

申込先

以下のURLよりお申込みください。

https://krpfes2020-egao.peatix.com

チラシ

こちらからダウンロードしてください。

主催

一般社団法人えがお・ワークラボ

協力

京都リサーチパーク株式会社

お問合せ先

一般社団法人えがお・ワークラボ セミナー事務局 
Tel: 075-352-2848
e-mail: nikoniko.12@sage.ocn.ne.jp 

banner_iki.jpg