2016/10/03

Johnson & Johnsonにおけるオープンイノベーション戦略

J&J INNOVATION, Asia Pacific Innovation Center, 所長 Dong Wu氏

まず、上海から来日された、Johnson & Johnson(J&J) INNOVATION Asia Pacific Innovation Center のDong Wu所長が登壇し、講演されました。世界最大のヘルスケア企業であるJ&J では現在、70%の製品が世界シェア1 位か2 位を占め、25%の売上は過去5 年間に導入した製品によるものとなっています。「これを可能にしたのは、イノベーションを内部だけものとせず、オープンにしていくエコシステムが重要との考えによるものです。イノベーションには、社内外のリソースやアイデア、テクノロジーを新しい方向で組み合わせることのできる人材のネットワークとユニークなアプローチが必要」と説明されました。
「イノベーションセンターのミッションは、アーリーステージの研究者やスタートアップ企業にアプローチし、彼らに関与しながら投資して、ベンチャーとJ&J の双方共にリスク軽減すること」。つまり、J&J のインキュベーションモデルとは、起業したい人が会社を設立し、運営していくための橋渡しなのです。その一つにJLABS があります。これは、実験スペースとインフラといったハードを提供するだけでなく、経営・法務面などさまざまなサポートをしています。 また、「素晴らしい研究をどのように商業化していくかが、大学や研究機関にとっての課題になっています。そこで、我々のような民間企業が新しい価値をエコシステムにもたらすことが重要です」との認識を示しました。

pre-img05.jpg

Dong Wu 氏J&J INNOVATION, Asia Pacific Innovation Center, 所長前職は、Johnson & Johnson 消費者ビジネスのR&D 担当副社長。グローバルエンジニアリング部門と新興市場のR&D 部門を率いて、Johnson & Johnson のグローバル市場での製品探索を行ってきた。新興市場でのパーソナルケア商品を開発する新興市場R&D の部門長として2007 年にJohnson & Johnson 入社。以来、高付加価値製品の開発とイノベーション文化の定着に努めている。Johnson & Johnson 入社前はユニリーバで品質保証、製造及び研究開発分野で経験を積んできた。Dong 氏は、開発グループの長として上海のユニリーバ地域イノベーションセンターの立上げに携わった後、ユニリーバ最大の生産拠点である安徽省合肥工場の製造部長兼工場長に就任。ユニリーバでは中国、アメリカ、日本での勤務経験がある。復旦大学卒業(応用化学)、中欧国際ビジネススクールでMBA 取得。


>> HVC KYOTO Pre-Conference 記事一覧 に戻る