2016/10/05

腰痛持ちのためのポケットセラピスト

㈱バックテック 代表取締役 福谷 直人 氏

京都大学発ベンチャー、(株) バックテック福谷直人氏のテーマは「腰痛」。世界中で10 人に8 人が生涯で一度は苦しみ、しかも、その85%が原因不明という、腰痛に対する新しい治療法の提案です。
再発・慢性化しやすい腰痛は、痛みが長く続くため、うつ状態になる人も多いといいます。そうした患者に対し、スカイプなどによる遠隔コンサルテーションで痛みを分類し、患者それぞれに適したサービスを提供するもの。「テクノロジーを用いることで、治療のガイドラインに基づいて適切な治療法を推薦できます。このシステムを成功させるには、チームワークが重要であり、当社のチーム内には、医師や理学療法士など医学の専門家だけではなくエンジニアやビジネスの専門家もいます。世界の人々を救うために、グローバルパートナーを求めています」と発表しました。

J&J INNOVATION のWu 氏からは「腰痛に悩む私も是非お世話になりたい。シーズ発掘の担当者もここに来ているので、のちほど詳しく話を聞かせてほしい」とユーモア交じりで激励の言葉が寄せられました。

pre-img03.jpg

福谷 直人 氏㈱バックテック 代表取締役京都大学大学院医学研究科の博士後期課程在学中に、膝の痛みや腰の痛みに関する研究を実施。博士後期課程修了後、その研究シーズを元に創業。創業までは、様々なビジネスモデルコンテストに参加し、Japan Business Model Competition 最優秀賞を受賞。リーンスタートアップの手法に基づき、サービス開発中。


>> HVC KYOTO Pre-Conference 記事一覧 に戻る