2021/10/14

【HVC KYOTO 2021ポストイベント1】ウェルネスシンポジウム ~再生医療を細胞バイオテクノロジー+DXという観点で見てみると~

スライド1.PNG

再⽣医療の基本アイデアは、体本来のもつ⾃然治癒⼒を介して病気を治すことです。この治癒⼒のもとは細胞の増殖、分化能⼒であるため、細胞周辺環境を作り与えることで細胞能⼒を⾼めることが「再⽣医療の具現化のKEY」となります。これまでタンパク質や遺伝⼦について発展してきたバイオテクノロジー技術の対象が、細胞にまで拡がってきています。すなわち、再⽣医療とは、「細胞バイオテクノロジー」分野であると考えられます。本シンポジウムでは、細胞と細胞周辺のバイオテクノロジー、さらに現在のKEYWORDであるDXとの関わりについて、産官学の専⾨家と参加者の皆さまとの意見交換の場を楽しんでいただきたいと思います。

※翌日のポストイベント2では京阪神をつなぐイノベーションエコシステムについて議論します。こちらも合わせてご参加下さい。

プログラム

10:00~10:20 〈開会挨拶〉 「 HVC KYOTOとボストンとの交流の取組みの紹介」 日本貿易振興機構 京都貿易情報センター 所長 牧野 直史 様

10:20~10:40 〈オーバービュー〉「対象が細胞まで広がったバイオテクノロジー分野がおもしろい~ 細胞バイオテクノロジーの最前線に必要なものは?~」 京都大学ウイルス・再生医科学研究所 教授 田畑 泰彦 先生

10:40~11:20 〈基調講演〉「ワイヤレス人体センシングが創成するデジタルトランスフォーメーション」 京都大学 大学院工学研究科 電気工学専攻 准教授 阪本 卓也 先生

11:20~11:50 〈企業講演〉「人工タンパク質を用いた再生医療材料の開発」 三洋化成工業(株)バイオ・メディカル事業本部 副本部長 天野 善之 様

午後から、産学官各界を代表するパネリストも加わり、田畑先生・阪本先生・天野様と恒例の白熱したパネルディスカッションが繰り広げられます。お楽しみに。

※詳細はこちら
※10月22日時点。予告なく発表の順番が変わることがございます。ご了承ください。

お申込み

 https://wellness-symposium2021-krp.peatix.com

主催

 日本貿易振興機構(JETRO) 京都府 京都市 京都リサーチパーク(株)

共催

 関西イノベーションイニシアティブ(KSII) 京都大学産官学連携本部(SACI) 京都大学イノベーションキャピタル(株)

後援

近畿経済産業局 大阪府 兵庫県 神戸市 大阪商工会議所 京都商工会議所 神戸商工会議所 (公財)京都高度技術研究所(ASTEM) (公財)神戸医療産業都市推進機構 (公財)都市活力研究所 (公社)関西経済連合会 (公社)京都工業会 (公社)関西経済連合会  (一社)京都知恵産業創造の森 (一社)ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J) NPO法人 関西健康・医療学術連絡会 関西健康・医療創生会議 NPO法人日本MITベンチャーフォーラム 合同会社SARR 関西医薬品協会(KPIA) バイオコミュニティ関西(BiocK)

パートナー企業

〈Platinum / プラチナ〉

パートナー企業_プラチナ.png

〈Gold / ゴールド〉

パートナー企業_ゴールド.png

〈Silver / シルバー〉

パートナー企業_シルバー1.png図1.png