KRPナイトvol.9 くるり岸田繁制作の「時報」をみんなで聴くナイト!終了

cover-paAkU2WgwtvuhRbYc8zaOo8P42svffGC.png

GOCONC(ゴコンク)は、京都五条KRP地区のコンコース。
ここは、色々な目的の人が、ほどよく留まれる心地よい空間です。
ここで偶然出会った人同士が新たなアイデアを得たり、イベント・音楽ライブに自由に身を任せたり。そんな偶発性のある、ゆるやかな「場」が、10年ぶりに京都に出来た大規模オフィスビル「KRP10号館」の1階に2021年4月にオープンしました。

そんな場を運営するKRPでは、起業家や大学生、クリエイターなど若者が集い、交われる場所としてKRP地区内で動き出している"たまり場"というスペースがあり、そこで毎月開催されていたのが「KRPナイト」です。
このイベントは、起業家・大学・クリエイターなど様々な分野で活躍されている方をゲストに来ていただき、新しい世の中の動きやイノベーションの気づきを考え、交流するイベントです。今後は定期的にGOCONCで開催いたします!

今回のテーマは「時報」。
GOCONCのアイコンである「時計」。その時計の"時報"を何と「くるり 岸田繁」が作曲。
その制作背景やそこから拡がる「梅小路のまちづくりへの思い」などを紐解きます。

日時

2021年12月3日(金)18:30 - 20:00

会場

①京都リサーチパーク10号館1階 GOCONC
 〒600-8815 京都市下京区中堂寺粟田町91
②オンライン
 ※オンライン参加でお申込みいただいた方には、開催前日にYoutubeのURLをご送付いたします。
  Peatix(tickets@peatix.com)よりメールが届きますので、ご確認ください。

参加費

無料

登壇者

●モデレーター
足立 毅(京都リサーチパーク株式会社 ブランディング統括・地域開発部部長、(株)梅小路まちづくりラボメンバー)

京都リサーチパーク(株)ブランディング統括・地域開発部長、
(株)梅小路まちづくりラボメンバー、
梅小路エリアのまちづくり推進をライフワークとして活動中。

●パネリスト
柴田 智 氏(ロームシアター京都音楽事業担当部長)

京都市交響楽団制作在籍中に、岸田繁交響曲シリーズやクラシック以外の音楽コンポーザーとの協働制作公演など革新的オーケストラ公演の制作など、ソフト団体であるオーケストラそのものをプロモーション活動にも努め、現在は音楽と文学など異文化や街、文化財との融合を図るコンテンツ制作など、総合的視野での音楽芸術振興に取り組んでいる。

扇沢 友樹 氏(KAGANHOTELプロデューサー/不動産脚本家、(株)めいファンダー/(株)梅小路まちづくりラボメンバー)

京都卸売市場エリアのビルを活用し、クリエーター向け工房付き共同住居であるREDIY(リディ)や
一般の方でも若手アーティストの住処に遊びに行けるコンセプトのアートホテル、KAGANHOTELの企画運営を行なっている。

メッセージ動画出演

岸田 繁 氏(くるり)

1976年京都府生まれ。作曲家。京都精華大学特任准教授。ロックバンド「くるり」のボーカリスト/ギタリストとして、98年シングル「東京」でメジャーデビュー。代表作は「ばらの花」「Remember me」など。ソロ名義では映画音楽のほか、管弦楽作品や電子音楽作品なども手掛ける。

主催

京都リサーチパーク株式会社

詳細URL・お申込み先

https://krpnightvol9.peatix.com