2020/11/20

【2020年12月】 Wellness・Healthcare 5Days

AdobeStock_280706821-[更新済み]-thumb-900xauto-8579.jpg

12月はウェルネス・ヘルスケアに関連するイベントが充実。

研究者、ベンチャー企業、大学、公的機関、VC、学生...様々な方に未来を語り、交流する、魅力的な交流の舞台を。

この機会にぜひ"創発"の瞬間を体感してください。

 

Day1. 12月4日(金) 13:00~18:40

ウェルネスシンポジウム ~再生医療をバイオテクノロジー分野であると考えよう~

cover-Bmp3YAd8bF5kcmJshcgugJppMCzXaa06.png

再生医療の基本アイデアは、体本来のもつ自然治癒力を介して病気を治すことです。
この治癒力のもとは細胞の増殖、分化能力であるため、細胞周辺環境を作り与えることで細胞能力を高めることが「再生医療の具現化のKEY」となります。
これまでタンパク質や遺伝子について発展してきたバイオテクノロジー技術の対象が、細胞にまで拡がってきています。すなわち、再生医療とは、「細胞バイオテクノロジー」分野です。
本シンポジウムでは、産官学の専門家とともに、細胞と細胞周辺のバイオテクノロジーについての議論を楽しんでいただきたいと考えています。

 

Day2.12月11日(金) 18:30~19:30

ふれデミックカフェKRP with立命館大学 Vol.4

cover-UqWPsogWVBs02ohqi7F2YgBEFfDxZ7oN.pngのサムネイル画像

 観客参加型でディスカッションを行うサイエンスカフェ形式のイベントです。

習慣的な有酸素性運動は、加齢に伴う動脈硬化を予防・改善する効果があります。しかし、人々の運動継続率は極めて低く、その原因の1つとして運動効果を得るには数ヶ月以上必要であることがモチベーションの維持を妨げていると考えられます。

わずかな血液から運動効果を予測する因子を同定できれば、各運動実施者の運動に対するモチベーションの維持・向上に大きく貢献できます。さらに、運動プログラムの軌道修正も可能となるため、各個人が最も効率良く運動効果を獲得するオーダーメイド運動プログラムの構築・提供にも応用できます。

今回は、動脈硬化に対する運動効果の予測因子・血液バイオマーカーの可能性についてご紹介します。

 

Day3&4.12月14日(月)~15日(火)18:30~19:30

ピッチと動画で未来を拓く!「ヘルスケアベンチャーのための発信力向上講座」HVC KYOTO 2020 Post Event

2020開催概要図WEBニュース画像.jpg

ヘルスケア分野を中心に、研究の事業化に必要な基礎知識を踏まえ、グローバル市場に対する発信力を磨いていただける実践的なプログラムです。

偶発的な出会いに期待できない現状では、ビデオプロトタイピングによる製品イメージの共有や、オンラインピッチの動画等が、その重要性を増してきています。

ヘルスケアベンチャーを対象に、知財をまもりつつ自らの技術の新規性・優位性について、より多くの多様なステークホルダーに届ける基礎体力づくりを目指します。

 

Day5.12月18日(月) 18:30~19:30

ふれデミックカフェ@KRP with京大オリジナル Vol.5

cover-w3hM6MZZxH6HW08bnzwTNlLw59PXWVuL.png

観客参加型でディスカッションを行うサイエンスカフェ形式のイベントです。

近年、マインドフルネスの企業導入が進んでいます。
その背後には、マインドフルネスの実践が、脳機能や脳構造の変容を通じて、自己制御能力や意思決定能力、さらにはストレス耐性を高めることが科学的に示されてきていることがあげられます。

今回は、脳科学の観点からマインドフルネスとは何かをご紹介したうえで、企業にマインドフルネスを導入することの価値や方法について意見交換をさせていただきたいと考えています。

 

イベント情報はKRP公式SNSで!

イベント情報は随時追加・更新されます!更新情報はSNSでご確認ください!

 

その他のイベント情報をもっと見る!

KRPではウェルネス・ヘルスケア以外のイベントも実施中!ぜひチェックしてみてください!