KRP-WEEK 2017

KRP-WEEKは「イノベーションの創出と交流の場づくり」を目的に開催する地区のイベント週間です。
基調講演、セミナー、七夕まつり、交流会などイベントが盛り沢山! 是非ご来場ください。

イベント情報

【5】KRP-WEEKシンポジウム
〜社会起業家があつい〜part1

開催日 8月1日(月) 13:30〜16:15
場所 京都リサーチパーク 西地区 4号館B1階 バズホール
概要

社会の課題解決に至るには課題を認識することから、と奔走しご活躍の専門家や起業家の方々をお招きし、事業を継続維持する仕組みづくりや必要な能力など、海外や日本国内、また京都での展開事例とともに、社会の課題に向き合う「熱い」現場の今をお話しいただきます。

【プログラム】

◆13:30〜 開会挨拶・来賓ご挨拶
◆13:35〜14:15 【基調講演】 (40分 質疑応答10分含む)
安部 敏樹 氏 一般社団法人リディラバ代表理事
身近な“未来の変え方”について話そう
         -ソーシャルビジネス/デザインの今-
スタディツアーや修学旅行、カンファレンスなどを通して様々な社会問題/地域課題に目を向けてもらう場づくりやメディア事業を行う一般社団法人リディラバの安部代表をお招きし、社会問題解決をオンビジネスで取り組むための考え方や必要な能力、現場におけるソーシャルビジネスの今を講演いただきます。
 

◆14:15〜14:25 休憩

◆14:25〜16:15 パネルディスカッション 
「社会起業家のリアル」
【パネリスト】
 一般社団法人リディラバ 代表 安部 敏樹
 株式会社ロフトワーク 代表取締役社長 諏訪 光洋
 COS KYOTO株式会社 代表取締役 北林 功
 株式会社 坂ノ途中 代表取締役 小野 邦彦
【モデレーター】
 勉強家/京都精華大学人文学部 特任講師 兼松 佳宏


昨今、社会課題の解決にビジネスとして挑戦する「社会起業家」が脚光を浴びている。今や若い世代にとって"憧れ"の対象となった一方で、その華やかさの裏側には、地道な、泥臭い、矛盾と葛藤だらけの現場があり、それをくぐり抜けたからこそ、彼らの言葉が感動を生むのだろう。今回はそのような普段あまり語られることのない"リアル"な一面にフォーカスし、さらに一歩進んだ、地に足の着いた「社会起業家」像を浮かび上がらせてみたいと思う。(モデレーターより)
・「この仕事をしていてよかった!」と思う成功体験
・教訓として生かされている、かつての失敗や葛藤
・事業をスケールさせる(社会に定着する/本流を変える)ために
   必要なこと
・京都という場所だからこそできること

講師
パネリスト
モデレーター
プロフィール


講師
安部 敏樹 氏
マグロ漁師/東京大学大学院博士課程
みんなが社会問題をツアーにして発信・共有するプラットフォーム『リディラバ』を2009年に設立。600名以上の運営会員と100種類以上の社会問題のスタディツアーの実績があり、これまで3,000人以上を社会問題の現場に送り込む。また都立中学の修学旅行や企業の研修旅行などにもスタディツアーを提供する。 2012年度より東京大学教養学部にて1・2年生向けに社会起業の授業を教える。2014年度からは東大の教員向けに主体的創発を促す講義の仕方についての授業も担当。特技はマグロを素手で取ること。総務省起業家甲子園日本一、学生起業家選手権優勝、第2回若者旅行を応援する取組表彰において観光庁長官賞(最優秀賞)を受賞。

パネリスト
諏訪 光洋 氏
株式会社ロフトワーク  代表取締役社長
1971年米国サンディエゴ生まれ。慶應大学総合政策学部を卒業後、Japan Times設立のFMラジオ局「InterFM」立ち上げに参画。同局最初のクリエイティブディレクターへ就任。1997年渡米。School of Visual Arts Digital Arts専攻を経て、NYでデザイナーとして活動。2000年、ロフトワークを起業。Webデザイン、ビジネスデザイン、コミュニティデザイン、空間デザインなど、手がけるプロジェクトは年間550件を超える。 2.5万人のクリエイターが登録する「loftwork.com」、学びのプラットフォーム「OpenCU」、世界5カ国に展開するデジタルものづくりカフェ「FabCafe」、素材に向き合うコワーキング施設「MTRL(マテリアル)」を運営。執筆参加した書籍に『クリエイティブ・コミュニティ・デザイン』(2012年、フィルムアート社)がある。

パネリスト
北林 功 氏

COS KYOTO株式会社 代表取締役
2002年 大阪市立大学法学部卒業後、大阪ガス蠅貌社し、京滋地区のエネルギー関連設備の提案営業に従事。2007年 螢哀蹇璽咼后陛豕)に転じ、コンサルタントとして主に金融関係の企業を中心に人材育成・組織改革プロジェクトを企画・運営。2010年 同志社大学大学院ビジネス研究科に入学。村山裕三教授が主宰する「伝統産業グローバル革新塾」に学び、「文化ビジネス」のコーディネート事業のプランを構築する。2012年 同大学院修了後「COS KYOTO」を創業し、日本各地の地場産業をグローバルな「文化ビジネス」にするためのコーディネート活動を開始。商品開発や国内外販路開拓事業を手掛ける。TEDxKyotoの立ち上げに加わり、2014年までディレクターを務める。2016年京都の多様な人たちが国内外と繋がる場として「Design Week Kyoto」を企画、開催。


パネリスト
小野 邦彦 氏
株式会社 坂ノ途中 代表取締役
1983年、奈良県生まれ。京都大学に入学後、あちこちを旅する中で、自分が本当にしたいことは人と自然環境との関係性を問い直すことなのだと思い至り、有機農業にその可能性を見出す。2年余りの外資系金融機関での"修業期間"を経て、2009年株式会社坂ノ途中を設立した。
坂ノ途中では「未来からの前借り、やめましょう」というメッセージを掲げ、農薬や化学肥料不使用で栽培された農産物の販売や自社農場の運営を通して、環境負荷の小さい農業を実践する農業者を支える仕組みをつくろうとしている。
東アフリカでの契約栽培や有機農業の普及活動にも取り組み、2013年には東アフリカ・ウガンダに現地法人Saka noTochu East Africaを設立した。

モデレーター
兼松 佳宏 氏
勉強家/京都精華大学人文学部 特任講師
1979年生まれ。WebデザイナーとしてNPO支援に関わりながら、「デザインは世界を変えられる?」をテーマに世界中のデザイナーへのインタビューを連載。その後、ソーシャルデザインのためのヒントを発信するWebマガジン「greenz.jp」の立ち上げに関わり、10年から15年まで編集長。
2016年、フリーランスの勉強家として独立し、京都精華大学人文学部 特任講師、勉強空間をリノベートするプロジェクト「everyone’s STUDYHALL!」発起者として教育分野を中心に活動中。
著書に『ソーシャルデザイン』、『日本をソーシャルデザインする』、連載に「「空海とソーシャルデザイン」など。秋田県出身。京都在住。一児の父。
主催 京都リサーチパーク株式会社
後援 公益財団法人京都高度技術研究所、大阪ガス株式会社
定員  150名
参加費  無料
事前申込の要否  要

お申込み先

イベントは終了しました

お問合せ先
京都リサーチパーク株式会社 営業開発部
TEL:075-315-9333 E-mail:krp-week@krp.co.jp


ページの先頭へ