産学公の知が集い、相互に高めあう新たなイノベーションハブの実現をめざして

京都リサーチパークは、全国初の民間運営によるリサーチパークとして、京都府・京都市、地元産業界との協力・連携の下、1989年にオープンしました。以来、創造的な研究開発環境や各種サービスの提供を通じて、新たな分野を切り開く企業を支援し、地域の産業発展・活性化に寄与する一方、大学や研究機関、海外リサーチパークなどの交流・連携を積極的に進めてきました。
幅広い業種の企業や研究機関のニーズにお応えする設備と、経営・技術・特許等にかかる相談から人材育成支援までの多彩なサービス。そして、民間運営ならではの柔軟な発想と、グローバルネットワーク。これからも京都リサーチパークは、長年にわたって築き上げてきたこれらの強みを一層充実することで、「産学公連携拠点・新産業創出拠点」として、地域と社会の発展に貢献します。

京都地サーチパーク入居組織数

KRPで活動する企業・団体の業種

「イノベーションハブ」について

「京都の未来を考える懇話会」が発表した「京都ビジョン2040」の中で、桂からKRP地区、けいはんなに及ぶエリアを結ぶ「京都イノベーションベルト」構想が掲げられました。KRP地区は、この京都イノベーションベルトの中心に位置しています。

今後、KRP地区が一体となって、事業成長プロセスをサポートする「京都独自の事業創出支援システム(=エコシステム)」の整備・機能強化に貢献すること、そして人材や情報、科学技術を結びつけてイノベーションを誘発する触媒的な役割を果たすこと、つまり「イノベーション・ハブKRP(iHub KRP)」となることを目指したいと考えております。 

  

「iHubKRP」を表現するロゴを作りました。
どうぞPRにご利用いただけましたら幸いです。
お手数ですが、ご利用の際は、下記までご連絡くださいますよう
お願いいたします。press@krp.co.jp /京都リサーチパーク(株)営業開発部


ページの先頭へ