再生医療サポートプラットフォーム

イベント情報

京都リサーチパーク 開発企画部 075-315-8476 お問い合わせ

平成26年度 再生医療の全体像を見わたせる分かりやすい解説講座

平成26年度 再生医療分野の産業化を目指した実用セミナー
再生医療の全体像を見わたせる分かりやすい解説講座
〜モノづくり企業のための生物学の基礎から臨床応用まで〜

再生医療は、もともとヒト(細胞)がもつ自然治癒力や免疫力(細胞力)を高め(活性化させ)、病気やケガなどで機能が低下した、あるいは失われた組織や臓器をもとの状態に戻す(再生させる)医療です。

政府においても、アベノミクス成長戦略で重点分野に位置付け、医学研究の司令塔となる「独立行政法人日本医療研究開発機構(日本版 NIH)」の設立、iPS 細胞などを用いた再生医療製品を早期に承認する改正薬事法や細胞培養を医療機関以外にも認める再生医療新法の制定など、企業の開発意欲や投資意欲を高める施策を打ち出しています。また、再生医療を欧米よりも早く実用化できる環境が整ってきたこともあり、海外の有力ベンチャーが再生医療製品の開発拠点を日本に設ける動きもあり、次世代医療として大きな期待を集めています。

再生医療(再生治療)の実用化のためには、再生医療を支える再生研究(細胞研究と創薬研究)の進展が不可欠です。即ち、 細胞の状態を調べる、細胞を取り出し増やす、細胞の能力を引出す、細胞を元気な状態で維持する、そして細胞を応用するなどの基礎 研究が重要であり、それらを支える「モノづくり技術」は必要不可欠です。しかも、再生研究には、医師免許などの資格や薬事法などの規 制は関係しないため、モノづくり企業にとって、参入しやすい分野であると考えられます。

再生医療分野の新たなビジネスを考える場合、生物学の基礎や分離・培養、臨床応用や規制など、再生医療に関わる最低限「ことば(知識)」を理解し、第一線の研究者とのネットワークを構築することが必要です。今年で 8 年目を迎えます「再生医療の全体像を見わたせる分かりやすい解説講座」では、生物学の基礎から、細胞研究や臨床研究の現状、細胞の分離や培養、観察(イメージング)、 評価に必要な理化学・医療機器や装置・システム、材料やその加工技術、さらに、今秋に施行される改正薬事法や再生医療新法、許認可などの規制(レギュレーション)について、わかり易く解説します。

開催後記はこちら

◆◆◆参加募集概要および講座内容◆◆◆

■ カリキュラム編集者 : 田畑 泰彦 教授 (京都大学 再生医科学研究所 )
■ 定 員 : 20名 〜30名 (先着順 )
■ 開催場所 : 京都リサーチパーク(KRP)
■ 主 催 : 京都リサーチパーク株式会社
■ 申 込 み : 平成26年度の講座は終了いたしました。
多数のご参加ありがとうございました。

講座プログラム 【日時、講師・講演テーマ】

日 時

内 容 ・ 講 師

1
サークル

 

1号館4F
AV会議室

11 月12 日

(水)

13:20

13:30

挨拶・連絡事項

13:30

15:00

<臨床応用(疾患 iPS の具体例/Stem Cell の基礎)>

iPS 細胞技術を用いた神経疾患研究講義」

井上 治久 氏 (京都大学 iPS 細胞研究所 教授)

15:30

17:30

<再生医療に関する総論>

「再生研究と再生治療の実現に必要不可欠なモノづくり技術」

田畑 泰彦 氏 (京都大学 再生医科学研究所 生体材料学分野 教授)

17:45

19:15

第1サークル 交 流 会 (会場:1号館2F サイエンスセンタークラブ)

11月13日

(木)

10:30

12:00

<臨床応用(整形外科)>

「膝関節疾患に対する標準治療と再生医療」

松田 秀一 氏(京都大学大学院 医学研究科 感覚運動系外科学講座 整形外科学 教授)

13:00

14:30

<レギュラトリーサイエンス>

「細胞治療・再生医療における有効性・安全性の評価技術について」

梅澤 明弘 氏 (独立行政法人 国立成育医療研究センター 研究所 副所長)

2
サークル

 

4号館2F
ルーム1

12月1日

(月)

14:00

15:30

<基礎生物学(細胞学)>

「幹細胞の自己複製と分化誘導を制御する仕組み」

田賀 哲也 氏 (東京医科歯科大学 難治疾患研究所 幹細胞制御分野 教授)

16:00

17:30

<装置・デバイス 表面処理・加工>

「細胞を育むための道具つくり」

紀ノ岡 正博 氏 (大阪大学大学院 工学研究科 生命先端工学専攻 教授)

12月2日

(火)

10:30

12:00

<医用材料・機能性材料>

「細胞の機能を引き出す材料表面の設計と足場材料」

平野 義明 氏 (関西大学 化学生命工学部 化学・物質工学科 教授)

13:00

14:30

<医用材料・機能性材料>

「金属材料を再生医療に利用するうえでの課題と対策」

塙 隆夫 氏 (東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 教授)

15:00

16:30

<医用材料・機能性材料>

「機能性ハイドロゲルを利用した再生治療・再生研究」

山本 雅哉 氏 (京都大学 再生医科学研究所 生体材料学分野 准教授)

3
サークル

 

1号館4F
AV会議室

1月22日

(木)

13:30

15:30

<薬事法>

「再生医療に用いられる各種製品と法規制 」

吉川 典子 氏 (NPO 医工連携推進機構 客員研究員)

「規制変更後の再生医療について」

片倉 健男 氏(国立医薬品食品衛生研究所 遺伝子細胞医薬部 客員研究員)

16:00

17:30

<臨床応用(眼科)>

「iPS細胞による網膜再生医療」

高橋 政代 氏 (理化学研究所 網膜再生医療研究開発プロジェクト プロジェクトリーダー)

17:45

19:15

第3サークル 交 流 会 (会場:1号館2F サイエンスセンタークラブ)

1月23日

(金)

10:30

12:00

<臨床応用(形成外科)>

「超微細加工装置を用いて作製したマイクロ軟骨による3次元形状軟骨の再生誘導」

磯貝 典孝 氏(近畿大学 医学部 形成外科学教室 主任教授)

13:00

14:30

<装置・デバイス 表面処理・加工>

「ナノバイオデバイスが広げるものづくり技術と再生医療の接点」

馬場 嘉信 氏 (名古屋大学 大学院工学研究科 教授/革新ナノバイオデバイス研究センター センター長)