再生医療サポートプラットフォーム

イベント情報

京都リサーチパーク 開発企画部 075-315-8476 お問い合わせ

平成25年度 再生医療の全体像を見わたせる分かりやすい解説講座

H25年度 再生医療分野の産業化を目指した実用セミナー 再生医療の全体像を見わたせる分かりやすい解説講座 〜細胞の基礎生物医学研究から再生誘導治療、そして創薬開発まで〜

再生医療は、細胞自身がもつ自然治癒力や免疫力を活用して、これまで治療が難しいとされていた難病をはじめ、組織や臓器の低下した機能を根本的に治癒(治療)しようとするもので、次世代医療として大きな期待を集めています。

再生医療は、「治療」とそれを支える「研究(細胞・創薬)」に大別されます。「治療」は資格を持った医者しか携われないだけでなく、薬事法や許認可等の様々な規制(レギュレーション)が関係するため、モノづくり企業の参入は困難であると考えられますが、「研究(細胞・創薬)」は、それらの資格や規制が関係しないため、モノづくり企業の参入が容易な分野と考えられます。

再生医療の早期実用化を図るためには、細胞や組織に関する生物医学的な「研究」が重要であることは言うまでもありませんが、それらの「研究」を支える様々な道具や器具、機器や装置などの理化学機器、さらに細胞や組織の供給システム、材料開発とその加工といった周辺分野の技術開発が不可欠です。これら周辺分野は資格や規制の対象外で、多大な開発費用を要しないものも多く、多種多様な技術やノウハウをもつモノづくり企業をはじめ、伝統産業・工芸などの特殊な技術をもつモノづくり企業にとって、新しいビジネスチャンスであると考えられます。

しかしながら、多くのモノづくり企業にとって、再生医療をはじめとする医療分野は未知の世界であるため、参入に足踏みされているのが現状ではないでしょうか?そこで、京都リサーチパーク(株)では、再生医療分野への参入に必要な最低限の知識をご提供するとともに、第一線の研究者との交流の「場」として、「再生医療の全体像を見わたせる分かりやすい解説講座」を開催します。今年度の解説講座では、各分野の専門家をお招きして、生物学的な基礎から臨床現場で進む再生医療の実情をはじめ、研究現場で必要とされる器具や培養・評価装置等の理化学機器、材料と加工技術(表面処理技術)、さらに、今年度大幅に改定される薬事法や許認可などの規制(レギュレーション)のポイントとその活用方法についてご紹介します。

開催後記はこちら

 

参加募集概要および講座内容
定員 20名〜30名(先着順)
講座カリキュラム
編集者
田畑 泰彦 教授(京都大学再生医科学研究所)
開催場所 京都リサーチパーク(KRP)4号館2階 ルーム1
主催 京都リサーチパーク株式会社
申し込み 平成25年度の講座は終了いたしました。
多数のご参加ありがとうございました。

 

日時 内容・講師
第1
サークル
10月2日(水) 13:20〜
13:30
挨拶・連絡事項
13:30〜
15:30

再生医療に関する総論

「モノづくり技術からみた再生治療と再生研究」
田畑 泰彦 氏   (京都大学 再生医科学研究所 生体材料学分野 教授)
公演概要
16:00〜
17:30

装置・デバイス 表面処理・加工

「MEMS・マイクロマシンのバイオテクノロジー応用」
小西 聡 氏 (立命館大学理工学部 教授 / バイオメディカルデバイス研究センター長)
公演概要
17:45〜
19:15
交流会
10月3日(木) 10:30〜
12:00

基礎生物学(細胞学)

「組織再生を担う組織幹細胞の維持制御とその破綻」
西村 栄美 氏 (東京医科歯科大学 難治疾患研究所 幹細胞医学分野 教授)
公演概要
13:00〜
14:30

レギュラトリーサイエンス

「細胞治療・再生医療における有効性・安全性の評価技術について」
梅澤 明弘 氏 ((独)国立成育医療研究センター 再生医療センター センター長)
公演概要
15:00〜
16:30

臨床応用(眼科)

「角膜内皮の再生医療」
小泉 範子 氏   (同志社大学 生命医科学部医工学科 教授 / 京都府立医科大学 眼科学教室 客員教授)
公演概要
第2
サークル
11月11日(月) 14:00〜
15:30

医用材料・機能性材料

「金属材料を再生医療に利用するための生体機能化」
塙 隆夫 氏  (東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 所長/教授)
公演概要
16:00〜
17:30

医用材料・機能性材料

「ハイドロゲルを利用した細胞周辺環境の構築」
山本 雅哉 氏 (京都大学 再生医科学研究所 生体材料学分野 准教授)
公演概要
11月12日(火) 10:00〜
12:00

薬事法

「再生医療に用いられる製品と薬事法」
吉川 典子 氏 (NPO医工連携推進機構 客員研究員)
公演概要
「再生医療に関わる制度の改正について」
片倉 健男 氏 (国立医薬品食品衛生研究所 生物薬品部 スーパー特区対応部門 特任研究員)
公演概要
13:00〜
14:30

臨床応用(整形外科)

「骨・関節の痛み、そして先端治療−細胞移植治療と細胞誘導治療」
黒田 良祐 氏 (神戸大学医学部 整形外科 准教授)
公演概要
第3
サークル
12月3日(火) 13:30〜
15:30

装置・デバイス 表面処理・加工

「細胞を育む技術」
紀ノ岡 正博 氏 (大阪大学大学院 工学研究科 生命先端工学専攻 教授)
公演概要
16:00〜
17:30

医用材料・機能性材料

「タンパク質・ペプチドを修飾した足場材料の設計」
平野 義明 氏 (関西大学 化学生命工学部 化学・物質工学科 教授)
公演概要
17:45〜
19:15
交流会
12月4日(水)
10:30〜
12:00

臨床応用(心筋治療)

 「再生医療本格化のための細胞シート工学」
大和 雅之 氏 (東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 教授)
公演概要
13:00〜
14:30

臨床応用(消化器系)

「炎症性腸疾患における消化管再生医療の重要性」」
仲瀬 裕志 氏 (京都大学医学部付属病院 内視鏡部 講師)
公演概要