再生医療サポートプラットフォーム

イベント情報

京都リサーチパーク 開発企画部 075-315-8476 お問い合わせ

第12回 日本再生医療学会総会 付設展示会共同出展レポート

BIO tech 2012に8社で共同出展しました

BIO tech 2012とは

開催期間:2013年3月21日(木)〜23日(土)

開催場所:パシフィコ横浜

来場者数:2,200人(事務局発表値)

京都リサーチパーク株式会社(KRP)は、平成21年4月から取り組んでいる「再生医療サポートプラットフォーム」活動を紹介・PRし、プラットフォームへの参加企業のすそ野の拡大と、モノづくりの視点から再生医療をはじめとする医療分野における事業化ニーズの発掘を目的として、第12回日本再生医療学会 付設展示会に出展しました。今回の展示会では、「再生医療サポートプラットフォーム」の看板のもと、当プラットフォームに参加されているアトナープ株式会社カジックス株式会社株式会社ニッピ株式会社積進株式会社クロスエフェクトストレックス株式会社新田ゼラチン株式会社荏原実業株式会社株式会社ウミヒラ二九精密機械工業株式会社株式会社ワンビシアーカイブス山本精工株式会社京都試作センター株式会社株式会社KRI財団法人京都高度技術研究所の15社・団体と共同で出展しました。
展示ブースでは、各社が医療分野のモノづくりニーズに応えるために新たに研究開発した技術をパネルやディスプレーを用いて紹介すると共に、開発した試作品、実際に商品化した実験装置、実験ツールや分析機器、また、細胞や化合物の管理システムなどを数多く展示しました。

 

共同出展企業の声

A社 大学の先生方をご紹介いただき、またKRPや共同出展社の方々から業界のお話をお聞きすることができ、とても有意義な展示会となりました。 B社 まだ知名度の低い弊社が単独で出展した場合は1小間しか使えないので埋没してしまったと思うが、今回の出展では14社の共同出展のため、展示スペースが会場内で最大となり、注目度が期待以上となりよかった。
C社 「当社の事業は工業用途が中心であり、医療やバイオ関係はなじみがなかった。しかし、展示会では多くの医療やバイオ研究者に興味をもって頂き、貴重なご意見を頂き、訪問の約束を得ることが出来た。 D社 共同出展者との懇親会では、京大田畑先生、阪大紀ノ岡先生をはじめ、多くの先生方や行政の方々が参加され、大変賑々しい宴となるとともに、幅広いジャンルの方々と親しく話をする機会を得られ有意義であった。

 

最後になりましたが、当ブースにお越しいただきました皆様方に心より御礼申し上げます。ご質問、ご不明な点、また「このような道具や器具が欲しい」などのご希望がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

再生医療サポートプラットフォーム活動
についてはこちら →

お問い合わせ先

試作・改良に関するお問い合わせはこちら →

理化学・医療機器の開発・製作ネット