光学技術基盤プラットフォーム ・ 地域産学官共同研究拠点整備事業

バイオプロジェクト


プロジェクト代表 植田充美 教授 京都大学大学院農学研究科

いにしえの都のたたずまいを持つ京都は、優雅な伝統と革新的な維新の両面をもつ趣のある町です。伝統的な酒造、織・染め物、食品などを継承し、素材や分析・計測などを開拓する、まさに文化と科学技術、綿々とつながる伝承と先端的な発見・発明が融合共存した都市です。京都リサーチパーク地域を基盤とするバイオ計測プロジェクトは、京都を基盤とする産学官の連携により、この文化と技術の融和の結晶を成長させ確固としたものにし、世代を超えて文化を科学的に伝承しながら、バイオ計測技術を発信していく拠点となります。このバイオテクノロジーの最先端計測技術により、匠の技の伝承、食の安全・安心の確保、環境保全と健康増進への道標、青少年の文化・科学への憧れを実現していくことを、世界に先駆けて、地域に根ざした、地域からのボトムアップ拠点の形成をめざします。
※分析機器については、地域産学官共同研究拠点整備事業(JST)により整備されています。

我が国の経済成長をけん引する「バイオ産業」の創出に当たり、なくてはならない基盤技術が「計測」です。バイオ計測プロジェクトは、日本で最古の歴史を誇る醸造・食品業界から、グローバルに展開する分析・計測機器業界まで、伝統と革新的な研究が融合共存する京都が取り組んできた「京都バイオシティ構想」の実績を基に、新たに高度分析計測機器等を導入し、産学官が一体となって基礎研究、実証、商品開発、産業展開(人材育成)まで取り組む「バイオ計測基盤プラットフォーム」を構築します。先進的な計測機器・試薬関連企業には、プロテオーム、メタボロームをはじめとした基盤研究を行う大学とのマッチングをはかり、新規な計測機器・試薬の共同開発、アップデートを進める環境を提供します。そして、伝統的な醸造・食品企業では、この成果であるバイオ計測技術を活用し、製品開発、品質の評価・改良を促進します。京都を基盤とする産学官の結集は、地域の産業連携による農商工連携での産業創出・振興や製品の高度化、さらに、大阪で推進する創薬研究、神戸地区で推進する再生医療のバイオ計測基盤を支え、「ライフ・イノベーション」の創出に貢献します。


京都リサーチパーク(株)営業開発部

メールアドレス
service@krp.co.jp
TEL
075-315-9333
お電話の受付時間 : 9時~17時半
(土日祝日・弊社特別休業日を除く)