H O M E>>KRP広報
アクセス KRPTOP
KRP広報
KRP PRESS
HOP STEP JOB
拡張期から円熟期、そして新たな挑戦へ…。学生ベンチャーからの進化。
株式会社フューチャースピリッツ(6号館)
独自ドメインの取得が一般的になりつつある今、サーバーレンタル会社が果たす役割はますます大きくなっています。ひとりの大学生が立ち上げたフューチャースピリッツは、サーバーレンタル会社の枠を越え、WEB制作や運営、さらにはオンラインショップ構築 ASPサービスや決済代行サービスなど、多彩なサービスで着実な成長を続けています。


■インターネットとの出会いが世界観を変えた
小学生の頃から父親のMSXパソコンを使って雑誌に掲載されているプログラムを実際に走らせていたという谷孝さん。やがては自作ゲームのプログラムを雑誌に投稿するなど、プログラムの腕を磨いていきました。そして、大学に進学。電子工学を専攻していた谷孝さんでしたが、その頃初めてインターネットに触れ、大きなショックを受けます。「自分のプログラムを雑誌で発表しても、わずかな人にしか見てもらえないんだろうなあ、と思っていたんです。ところがインターネットを使えば自分のつくったものを世界中の人が見てくれるわけでしょ。これはすごいと思って」。谷孝さんはこれまでに身につけたプログラムの腕を活かし、まだ大学1回生だった1996年、WEBシステム開発のビジネスを始めます。そして、1998年、まわりの学生を巻き込みながら大阪で合資会社を立ち上げ、サーバーレンタルも開始。「サーバー運用は24時間体制ですから、だんだん学生という立場でこのビジネスに取り組むのは難しいと思うようになって…」。谷孝さんは大学を休学し、サーバー運用ビジネスに集中できる環境を整えました。2000年には「大学のそばで学生感覚を引きずっていても伸びないぞ」という知人のアドバイスを受けて、京都リサーチパーク内のスタジオ棟の一角に間借りするという形ではありましたが、有限会社を設立。学生スタッフではなく社会人スタッフがメインの集団に生まれ変わりました。


■WEBの運営をまるごと任せられる企業へ
2001年から株式会社化したフューチャースピリッツは、京都リサーチパーク6号館に移転。サーバー事業をベースに、さまざまなWEBシステムの開発に着手。オンラインショップの構築ツールを開発し、さらにはカード決済などのeコマース事業を手がける関連会社、フューチャーコマースを設立しました。今のところオンライン決済まで請け負うことができるレンタルサーバー会社はまだ業界では珍しく、「フューチャースピリッツに丸ごと任せられるので楽」というクライアントの評価を得ています。また、「Future Mail Advance+(略称FMA+)」はメールセキュリティシステム。メール送受信記録をデータベース化することができるうえ、オプションとして個人情報漏えい防止フィルタも搭載していて、メールの保存が義務化される新法にも対応しています。また、ツールの制作はすべてフューチャースピリッツの自社社員が手がけているので、対応の早さに定評があります。「自分がインターネットのすごさに驚いた時の感覚をお客さまにも知っていただきたいというのが、そもそもの出発点ですから、オンラインショップやホームページの運営の煩わしさを少しでも軽減して、しかも安心して使っていたくためのサービスを心がけています」と谷孝さん。現在、クライアントの大半が中小企業や個人商店。大阪と東京に営業拠点を置き、最近では大手企業や教育機関のクライアントも増えつつあります。


■サーバー運営会社としての新たな試みへ…
最近、オンライン上のセキュリティがネット社会の大きな課題として挙げられています。「オンラインショップを運営する会社は、お客さまのセキュリティに対する意識が高いのですが、サーバーを運営する会社にもきっとできることがあるはずだと思うんです。ですから“サーバー会社としてどこまでお客さまのPCを守ることができるか”をテーマに新たなサービスを開始しました」。「Spy Zero」は、スパイウェアの駆除や監視などを行うスパイウェア対策ツール。サーバー運営会社側から“安心”を打ち出すサービスとして注目されています。また、10月からは携帯電話向け高速メールリレー配信サービス「Future Sonic Mail」の提供を開始。従来は1時間あたり5,000通程度が限界であると言われていた携帯電話へのメール送信が、最大60万通へと飛躍的に増えることから、携帯メールによる顧客サービスを行う企業にとって強力なツールとなる予感です。「Future Sonic Mail」はモバイルマーケティングのみならず、自然災害や犯罪発生時の迅速な情報提供も可能になるため、自治体や行政機関にも活用可能です。


■ 会社づくりもエンジニアリングのようなもの
サーバー運営を中心にさまざまな事業展開を行っているフューチャースピリッツ。「サーバーレンタルは、いわば場所を提供するだけ。それだけでなく、お客さまの売り上げアップやセキュリティ向上というところまでしっかり考えることができる企業でいたいと思っています」と、谷孝さん。「大手の同業者は次々と新しいサービスを提供するし、新しい会社も続々と増えています。常にお客さまのことを考えながら一歩先を行くサービスを考えていかなければなりません。少しでも気を抜いたらたちまちピンチになってしまいますよ」。そして、新たなサービスの開発とともに、エンジニアやWEB制作スタッフ、プロデューサー、ディレクターの人材確保やレベルの向上にも余念がありません。現在は特にお客さまと直接接するスタッフの教育に力を入れ、WEBの総合コンサルタント的な役割を担おうとしています。「最近はもうプログラムは専門のスタッフに任せています。 『社長がバグを出しても文句を言えないからやめてくれ』って言われているんで(苦笑)。最近は経営者としての仕事に専念するようにしています」。そんな谷孝さんは会社づくりをエンジニアリングに例えて話します。「事業の計画を立てて、それを進めていく。必ずしも計画どおりにはならないけど、軌道修正しながら完成へと近づけていく。会社づくりはプログラミングと似ているところがありますね」。かつてのプログラム少年は学生ベンチャー起業家、そして経営者へと成長しました。




■Company Profile
■株式会社フューチャースピリッツ
業種: IT(サービス)
代表者:代表取締役 谷孝 大
電話:0120-44-0088
FAX:075-326-7400
所在地: 京都市下京区中堂寺粟田町93番地 京都リサーチパーク6号館 3F
ホームページ:http://www.future-s.com/
メールアドレス:pr@future-s.com
設立: 2000年1月
従業員数: 50名
事業内容: ■レンタルサーバー
■ドメイン取得代行
■サーバーハウジング
■ネットワーク構築、インターネット回線提供
■WEBサイト企画、デザイン、制作、構築
■CGI、データベースの開発
■WEBサイトプロモーション
■会員制サイト構築
■オンラインショップ構築・運営サービス





KRP PRESSの記事に関するお問合せは
京都リサーチパーク(株) 営業部 営業企画室
TEL:075-315-8342 Fax:075-322-5348
▲目次ページへ戻る
プライバシーポリシー ご利用にあたって サイトマップ