2019/05/24

【Gyrfalcon Technology Japan株式会社】米国ベンチャーの日本法人としてAIの応用に注力

KRPエリアを拠点に活躍する すべての人、その意外な素顔に迫ります。

Gyrfalcon Technology Japan株式会社 代表取締役会長兼CEO 西口 泰夫氏

TOP.png

米国ベンチャーの日本法人としてAIの応用に注力

 ジルファルコン・テクノロジー(GyrfalconTechnology Inc.)は米国シリコンバレーに拠点をおくベンチャー企業です。低コスト、超低消費電力の大規模並列処理技術で世界をリードし、AI(人工知能)に特化したデバイスを次々に開発しています。
 その日本拠点として今年1月に、「ジルファルコン・テクノロジー・ジャパン(株)」を設立しました。

 AIに関する激しい開発競争のなかで日本はいま、残念ながら遅れをとっています。AI関連ビジネスにおいて日本の存在感を高めるには、新しいAI デバイスを「どう使うか」に目を向けるべきです。そこで私たちは、ジルファルコン・テクノロジーが開発するデバイスの可能性を最大限に活かし、新しいシステムやソリューションを提案していこうと考えています。

 京都の企業は、日本の他の地域の企業に比べて、新しいことに取り組んでいこうという姿勢が極めて強いと感じています。千年の都・京都には、高品質を求める人たちのメガネに適う商品やサービスを供給するために、変革を恐れず挑戦し続けてきた土壌があります。それは、多くのベンチャー企業を育んだ理由でもあると思います。そんな京都の皆さんと今、精力的にディスカッションして、AIを活用したおもしろい事業展開を探っています。

技術を核にしたビジネスを追い求めて

 私は二十歳ぐらいから「技術」というものに対して、畏敬の念を抱くようになったように思います。大学院で専攻したのは物性物理です。物理は技術の根本ですからね。京セラ(株)で三十数年仕事をして、社長も務めましたが、その間ずっと、技術を核にした事業展開を見据えてやってきました。

 退職してから62歳で同志社大学大学院「技術経営」のドクターコースで学びました。技術がどうすれば企業や社会に役立つか。逆に、企業や社会がどうすれば技術をもっと活用できるか。それをきちんと学問として研究したいと考えたのです。また、それまでの人生を振り返ってみて、ひと様のお世話になってきた人生だったなと感じていました。これからは少しでもひと様のお役に立ちたい、そのために何か能力を身につけようと思ったのが、大学院で学ぼうと決めたもう一つの理由でした。

京都から発信する新しいビジネスモデル

 京都には、神社・仏閣を含めてここにしかない財産があります。海外からもたくさんの観光客がやって来る。しかし、京都はまだまだ真の国際観光都市になっていないと思います。なぜなら、文化財や食べ物について、海外からの観光客にきちんと説明する術をもっていないからです。その問題をAIで解決したいと考えていました。PLAI(プレイ)Wifi「 ポケッタブル・クラウド」の活用もその一つです。多言語で説明してくれるシステムは、世界のどこにもありません。これはぜひ京都でやるべきだと思います。

 このシステムはあたかも小型のクラウドであるかのように、数十か国語で観光情報を蓄積しておきます。京都のお寺にある仏像をスマートフォンで撮影して、Wi-Fiでポケッタブル・クラウドへ送り込む。そうすると、蓄積データをもとにAIが推論して、仏像の名前や歴史を母国語で説明してくれます。年内にでも、あるお寺で導入する予定で準備を進めています。

 この歳になってもアイデアは尽きません。観光だけでなく、多くの領域で、AIを活用した新しいビジネスモデルを世界へ広げていきたいと思います。

PLAI.png
PLAI(プレイ)WiFi 米国ジルファルコン・テクノロジー社が開発した、バッテリー駆動のAI端末。
 Wi-Fiでスマートフォンから写真を送り込むと、事前に膨大なデータを学習したAIが瞬時に推論。その写真に関連するさまざまな情報がスマートフォンへ提供される。まるで「ポケッタブル・クラウド」とも呼べるこのデバイスは、超低消費電力のAIチップメーカーだからこそ実現できた。

pro.png

西口 泰夫氏 p r o f i l e

 大阪府生まれ。1972年、大阪教育大学大学院修士課程(物性物理)修了。1975年、京都セラミック(現:京セラ㈱)に入社し、1999年から代表取締役社長、2005年からは代表取締役会長兼CEOに。62歳から同志社大学大学院の博士課程で学び2009年修了。博士(技術経営)。2018年、米ジルファルコン・テクノロジーの役員に、2019年1月、同社日本法人の代表取締役に就任。多くの企業の社外取締役も務めるパワフルな75歳。ゴルフでは80歳まで毎年飛距離を伸ばすことに挑戦中。

会社情報

rogo.jpg

Gyrfalcon Technology Japan株式会社

 シリコンバレー発のエッジコンピューティングAIに特化した、超ハイ・パフォーマンス、超低消費電力、低価格の演算チップとサーバーを手掛けており、それらの能力を最大限に引きだすソフトウエアも合わせて提供しています。さあエッジAIで世界を席巻しましょう。是非以下のURLからお問い合わせください。

代表取締役会長兼CEO 西口 泰夫
URL: https://www.gyrfalcontech.ai
F B :https://facebook.com/gyrfalcontech
業種 :電機、電子、半導体
KRP 4号館 KRPBIZNEXT

「KRP PRESS157号(2019年4月発行)より抜粋」
KRP PRESS バックナンバーはこちら