起業・成長サポート

Startup Weekend Kyoto
開催レポート

日本で初めての学生だけのStartup Weekend

11月16日から18日の日程で4回目となるStartup Weekend Kyotoが開催された。今回は、GEW(Grobal Entreuprenureship Week)の一環として、日本で初めて学生限定での開催であった。1週間前に大阪で開催されたこと、告知期間が短かったことなどから参加者が集まらないのでは?との懸念もあったが、遠方からも参加を頂くなど約50名の参加者が集った。

 

学生だけとは思えないレベルの高さ

プレゼンを終えての感想としては学生だけとは思えないようなレベルの高さを感じた。最終プレゼンの時の質問によると、約半数はこのようなStartupのイベントに参加したのが初めてだった。やはり、お金を払ってでも週末の3日間でイベントに参加しようと思うだけあって、素養の高い人材が集まったのだろう。ちなみにレベルが高かったというのは、個人的な意見ではなく、ジャッジの皆様から頂いたご忌憚のない意見でもある。終了後の交流会でも、「自分達のサービスがどうだったか?」 についてジャッジの先輩起業家からアドバイスをもらうチームも多く学習意欲の高さも目立っていた。

 

 

京都らしいユニークなアイデアが続出

今回も京都らしいユニークなアイデアが続出した。中でも最後まで優勝を争ったアイデアの一つが『Flashmovers』。街中で突然行う、いわゆるドッキリカメラのようなパフォーマンスをネット上で企画するサービスだが、このチームには高い評価が集まった。他にもソーシャルでの誕生祝いなどのメッセージを集めて寄せ書き的にデザインする『Message Post』は、ジャッジからもアジア受けするサービスとの評価を得ていたし、To Doリストを作っていくことによって世の中にある問題を解決していくサービス『HoToDo』 には志の高さを感じた。その他にも完成度では学生限定とは思えないサービスも続出した。

 

優勝チームは、世界へチャレンジ

そんな中優勝を勝ち取ったのは、本好きな人同士が、読み終えた本を低額な料金で融通しあうサービス『bookmend』だ。読み終えた本を古本屋に安く売りたくない、どんな本を読めばよいのか分からないという愛読家同士をつなぐサービスだ。『bookmed』は、GEW期間中の世界中のStartup Weekendで優勝したチームで争われるGrobal Battleに駒を進めた。

 

今後も、多くの学生がStartup Weekendを通じてベンチャーや起業に興味を持って欲しいと思う。