image
image
image
image
image
image
image
image
image
職人工房について

 「京都職人工房」では、次代の伝統工芸を担う若手職人たちが業種を超えて集っています。メンバーはそれぞれ技術を磨くとともに、製品がより良いかたちで使い手に届くまでに必要なこと、「伝える力」や「売る力」を実践的なプログラムを通じて身につけます。
京都職人工房の特色はメンバー同士の活発な交流です。試作品を囲んでの意見交換や、互いの技術を組み合わせた共同制作などを通じて、ひとりでは得られなかった「学び」と「気付き」を手にします。
「伝える力」や「売る力」を増すためのサポートメニューと、自らの力をつける人材育成プログラムの両輪で若手職人を支えます。

READ MORE

取り組み

商品開発基礎講座

金谷ゼミ(商品開発ゼミ)

永田ゼミ(商品開発ゼミ)

PRツール作成講座

スタートアップ講座

プロジェクト

サービスメニュー

クリエイティブ・テーブル

過去の取り組み一覧はこちら

商品開発基礎講座(2015年度実施クラス)
商品開発基礎講座(2015年度実施クラス)

講師:金谷勉、永田宙郷
自分自身の強みを理解するために、技術の棚卸しやそれぞれの分野の市場動向などのリサーチなど、様々な方法を用いて、商品開発やブランディングのための基礎的な理解を習得します。

 
金谷ゼミ(商品開発ゼミ / 2015年度実施クラス)
金谷ゼミ(商品開発ゼミ / 2015年度実施クラス)

1年を通じてブランディングと商品開発(計画)、そして、発信力を身につけるためのゼミクラスを設けています。実際のものづくりや企画書作成を、時間をかけて見てもらうことで最適化と情報設計行い、参加者の事業規模や実力に合わせて、展示会への出展や販売イベントへの出店、セレクトショップへの営業計画、展覧会など、様々な発表形態を近い将来の目標として進めています。

金谷 勉(有限会社セメントプロデュースデザイン 代表取締役)
京都精華大学人文学部卒業後、企画制作会社に入社。その後広告制作会社を経て、1999年10月「CEMENT PRODUCE DESIGN」を設立。大阪、東京で、グラフィック、Web、プロダクトを手がける。PARCO、藤井大丸の広告デザイン、KOKUYOのECwebプロモーション、フランフランとの商品企画開発、UNIQLOの企業コラボTシャツ企画ディレクションなど幅広くデザイン。また自社プロダクトを企画、生産、流通まで展開し、現在は流通を見据えた形で日本の各地場産業との協業企画も積極的に進めており最近では「ガイアの夜明け」にもその活動が取り上げられた。
http://www.cementdesign.com/

 
永田ゼミ(商品開発ゼミ / 2015年度実施クラス)
永田ゼミ(商品開発ゼミ / 2015年度実施クラス)

1年を通じてブランディングと商品開発(計画)、そして、発信力を身につけるためのゼミクラスを設けています。実際のものづくりや企画書作成を、時間をかけて見てもらうことで最適化と情報設計行い、参加者の事業規模や実力に合わせて、展示会への出展や販売イベントへの出店、セレクトショップへの営業計画、展覧会など、様々な発表形態を近い将来の目標として進めています。

永田 宙郷(EXS Inc. 代表 / プランニングディレクター)
1978年、福岡県生まれ。2002年、金沢21世紀美術館準備室に参加。金沢21世紀美術館、株式会社t.c.k.w を経て、2006年より現職。デザイン単体ではサントリー『金麦夏限定缶』『オランジーナ 冬限定ボトル』など企業との活動も行いながら、『つくる』を『つなげる』をキーワードに、企業や産地の「つくる」という思いをアウトプットする活動を行う。
EXS Inc. ≫ http://exs-inc.com/
ててて協働組合 / ててて見本市 ≫ http://tetete.jp/trade/

 
PRツール作成講座(2015年度実施クラス)
PRツール作成講座(2015年度実施クラス)

講師:サノワタル、米原有二
商品が生まれたとき、それを人に伝えるためには言葉やイメージが必要です。コンセプトや素材、誰がどうやって作ったのかなど、魅力を伝えるために必要なグラフィックツール作成の知識と技術を身につけます。

サノ ワタル(Producer / designer / 京都精華大学非常勤講師)
1977年大阪生まれ。京都在住。グラフィックデザインを中心に様々な領域のデザインや企画を手掛ける。2006年から「地域」「デザイン」「コミュニティー」をコンセプトにした活動を展開。コンセプトを実践するひとつの形として、2008年にオンラインマガジン「Refsign Magazine」を創刊。2010年には自らプロデュースしたイタリア料理店「Osteria tempo」オープン。2012年からは、トークイベント「いろいろトーク」を開始。2013年4月「いろいろデザイン」を設立し、いろいろなデザイン活動に取り組む。
http://iroirodesign.com/

米原 有二(ライター / 京都造形芸術大学非常勤講師)
1977年京都府生まれ。広告会社、新聞社勤務を経てフリーランスに。2005年、個人事務所 sakura editorial works. を設立。京都を拠点に伝統工芸・伝統文化を対象とした取材・執筆活動をおこなう。著書に『京都職人』『京都老舗』(ともに共著・水曜社)『京職人ブルース』(京阪神エルマガジン社 )など。
http://www.sakura-ew.net

 
スタートアップ講座(2015年度実施クラス)
スタートアップ講座(2015年度実施クラス)

事業主として、または、独立開業/ブランド創業のために必要な知識とテクニックを学びます。
予定内容:ビジネスプランの作成、経理、確定申告、スケジュール管理、原価計算、特許申請など

 
プロジェクト(2015年度実施クラス)
プロジェクト(2015年度実施クラス)

展示会への出展、展覧会企画、コンペ、コラボレーション制作など、グループでプロジェクトに取り組みます。
Ex. 展覧会、海外出展、コンペ参加、出版など

 
サービスメニュー(2015年度実施クラス)
サービスメニュー(2015年度実施クラス)

伝統工芸の職人を中心にものづくりに関わる様々な人たちの交流、Facebookを使った情報発信、ものづくりのための助成金や展示会などの情報共有、展示会の出展サポート、デザイナーの紹介など、メンバーのものづくりや商品開発を多方面からサポートします。

 
クリエイティブ・テーブル(特別セミナー)
クリエイティブ・テーブル(特別セミナー)

先進的なアイデアでものづくり・ことづくりを行い、分野を飛び越えて活躍する多彩なクリエイターの声に耳を傾け、これからのデザイン、これからのものづくりについて考え創造していく対話型トークイベントです。

これまでに様々な方をゲストに開催しました。
細尾 真孝(HOSOO)、山口 壮大(スタイリスト)、蘆田 裕史(キュレーター / 京都精華大学講師)、鈴野 浩一(トラフ建築設計事務所)、服部 滋樹(graf代表)、金森 香(THEATRE PRODUCTS)、五十嵐 勝大(proef)、小野 圭耶(hatsutoki)、東 哲平(RBT)、原田 祐馬(UMA)、西堀 耕太郎(日吉屋)、金谷 勉(CEMENT PRODUCE DESIGN)、高田 晃一(高田製作所)、永田 宙郷(EXS.Inc)、戸田 祐希利(プロダクトデザイナー)、坂田 佐武郎(デザイナー)、伊豆蔵 直人(HINAYA)、島田 昭彦(株式会社クリップ代表) 、大西麻貴(o+h)、松倉早星(ovaqe inc.)、堀内弘誓(株式会社電通)、スズキタカユキ(suzuki takayuki デザイナー)、RAD、西本千尋(ジャパンエリアマネジメント)、中原慎一郎(ランドスケーププロダクツ代表)、サノワタル(いろいろデザイン代表)、山田遊(method)、ヒガシテッペイ(RBTXCOデザイナー)、鈴鹿 可奈子 氏(聖護院八ッ橋)

 
銀製かんざし
銀製かんざし

居野家 華枝

 
漆工芸
漆工芸

加藤 友理

 
陶芸
陶芸

長谷川 哲也

 
手描友禅
手描友禅

眞鍋 沙智

 
爪掻綴れ織
爪掻綴れ織

森 紗恵子

 
服飾作家
服飾作家

森田 匡美

 
装飾家
装飾家

西 紗苗

 
陶芸
陶芸

野口 敏伸

 
石工
石工

斎田 隆朗

 
陶芸
陶芸

柴田 恭久

 
京友禅・金彩工芸
京友禅・金彩工芸

上仲 昭浩

 
手描友禅
手描友禅

上仲 正茂

 
陶芸
陶芸

涌波 まどか

 
アーティスト
アーティスト

山さき あさ彦

 
蒔絵
蒔絵

吉岡 尚美

 
和裁技能士
和裁技能士

益田 亜矢子

 
磁器染付
磁器染付

淺野 有希子

 
陶器染付
陶器染付

淺野 有希子
青華 百合 輪花小皿 / 色絵 いちご / 輪花小皿 / 青華 モクレン 輪花小皿
それぞれ、百合、野いちご、もくれんの小皿です。青華とは染付けの事。いちごの小皿には和絵具で加飾してあります。

 
陶芸
陶芸

岡山 高大
「Ice stripe tea bowl」
私は三島手という技法を用いて作品を制作しています。その技法の「押して埋める」「彫って埋める」という要素を抽出し落とし込んだ作品で、三島手の新たな表現方法の一つだと考えています。

 
竹工芸
漆工芸

阪本 修

 
漆工芸
漆工芸

阪本 修

 
金箔押
金箔押

藤澤 典史

 
着付け師 / 着物スタイリスト
着付け師 / 着物スタイリスト

宮川 昌也
HAKA-MAXX
HAKA-MAXX (ハカマックス)とは、ベルトで穿くデニム袴です。日本古来のスポーツウェアとして親しまれてきた袴(HAKAMA)の機能美を最大限(MAX)に引き出すと言うことから名づけられました。袴の動きやすさと着姿の美しさを土台とし、現代のライフスタイルが融合することにより生まれた新アイテムがこの「HAKA-MAXX」なのです。

 
友禅
友禅

森本 祐可
「Accordion album」
日常の生活空間にとけ込む京友禅の商品を。という思いから制作いたしました。折本仕立てのアルバムは、自立させてお部屋のインテリアとして広げて飾っていただけます。また、お子様の成長や、特別な日の写真をストーリー仕立てで眺めることができます。表紙のデザインは古くから吉祥文様として親しまれている立涌文様と、現代の幸せの象徴とされるクローバーとの組み合わせです。紬地に引き染めで段ぼかしを入れた後に絞り染めにて柄を表現いたしました。

 
竹工芸
竹工芸

小倉 智恵美
「Kyoto basketry Accessory series」バングル(白竹菊)
竹工芸の美しい編み模様や籐を使った装飾をデザインとして抽出し、バングルに仕立てました。こちらの他にも様々な模様・色で展開しています。 まず竹を切って割るところから始まるこの商品の制作には長い時間と集中力、精緻な技術を要します。(2013年度金谷ゼミでの開発商品。)

 
フリーランスデザイナー
フリーランスデザイナー

竹中 大輔
グラスマーカー 彩
金彩を施した京友禅から立食パーティ等で用いられるグラスマーカーを作りました。ワイングラスの脚に取り付け、自分のグラスの目印とするアイテムです。京友禅ならではの華やかな色彩、繊細で流麗な意匠、そして品質。洗練された伝統美でグラスをドレスアップします。現代的なスタイルの祝宴に、雅な彩りを添える一品です。(京ものユースコンペティション準グランプリ受賞作品)

 
金工
金工

富永 大士
「ネコの環(リング)」
落書きからそのまま出てきたような愛らしいネコは、作家が真鍮板から1つずつ、糸鋸で切り出したものです。しっぽの部分をくるっと丸めると、リングに変身します。鎚目や燻し具合で、1匹ずつ表情が異なります。自分の手の中でネコを飼うことができます。素材:真鍮、銀(溶接部分)参考価格:7,000円(税抜き)

 
和裁技能士
和裁技能士

益田 亜矢子
子供の着物
普段でも気軽に着ていただけるように、ご自宅で洗濯していただける素材を選び、簡単に着付けが出来るように仕立てました。汚れることやシワになることを怖がらずに、たくさん着ていただける着物です。

 
漆器
漆器

追立 睦
「曲げ輪弁当箱 波千鳥」 檜 桜皮 漆  128×189×62(mm)
曲げ輪の弁当箱木地を、内側は黒艶上げ・外側は弁柄溜め塗りにし、漆絵で白波と飛び回る千鳥を散らしました。柄は可愛らしくしていますが、深さがあるのでおにぎりもきれいに収まります。漆には抗菌効果もあるとされていますので、お弁当にぴったりです。

 
赤絵細描
赤絵細描

種田 真紀
絵柄違いで数種類あるカップ。5年間学んだことをベースに現代にあったデザインの器になるよう考えて制作しています。赤絵で小紋などの昔からある文様を使い細かい絵付けをしています。

 
メンバー

磁器染付

淺野 有希子facebook

Asano Yukiko

帽子職人

池上 裕樹official site

Ikegami Yuki

漆器製造・販売

石川 良official site

Ishikawa Ryo

銀製かんざし作家

居野家 華枝official site

Inoie hanae

京友禅 金彩工芸

上仲 昭浩official site

Uenaka Akihiro

手描友禅

上仲 正茂official site

Uenaka Masashige

赤絵細描

種田 真紀facebook

Oida Maki

漆作家

追立 睦facebook

Oitate Mutsumi

染色

大藪 由佳

Ooyabu Yuka

陶芸

岡山 高大

Okayama Takahiro

漆工芸家

加藤 友理

Kato Yuri

金属加工

神代 浩司official site

Kamishiro Koji

石工

斎田 隆朗official site

Saida Takaaki

塗師

阪本 修official site

Sakamoto Osamu

陶芸

柴田 恭久official site

Shibata Yasuhisa

デザイナー

竹中 大輔official site

Takenaka Daisuke

画家・アクセサリー作家

富永 大士facebook

Tominaga Taishi

ジュエリークラフトマン

永田 剛official site

Nagata Tsuyoshi

装飾家

西 紗苗official site

Nishi Sanae(nae)

「つくる」プロデューサー

西森 寛

Nishimori Hiroshi

陶芸

野口 敏伸facebook

Noguchi Toshinobu

京漆器・螺鈿職人

のむら まりofficial site

Nomura Mari

陶芸

長谷川 哲也facebook

Hasegawa Tetsuya

京組紐

八田 俊official site

Hatta Shun

染色・グラフィックデザイン

服部 真子

Hattori Mako

金箔押

藤澤 典史

Fujisawa Norifumi

グラフィックデザイン

本田 亨一official site

Honda Koichi

竹工芸

真下 彰宏official site

Mashita Akihiro

和裁技能士

益田 亜矢子official site

Masuda Ayako

手描友禅

眞鍋 沙智official site

Manabe Sachi

着物スタイリスト

宮川 徳三郎official site

Miyagawa Tokusaburo

爪掻綴れ織

森 紗恵子official site

Mori Saeko

服飾作家

森田 匡美official site

Morita Masami

アーティスト

山さき あさ彦official site

Yakasaki Asahiko

鏡師

山本 晃久facebook

Yamamoto Akihisa

型友禅

横田 武裕official site

Yokota Takehiro

蒔絵

吉岡 尚美pdf file

Yoshioka Naomi

陶芸

涌波 まどかofficial site

Wakunami Madoka