産学公連携

第1回ポストリチウムイオン二次電池研究会
「リチウムイオン二次電池の現状と課題とこれから」

開催日時:2015年12月9日(水) 14:00-17:00

 

住居や自動車の電動化が進む中、蓄電池はますます重要なデバイスとなっています。特に、リチウムイオン二次電池(以下、LiB)は高度化が進み、その存在感が増しています。一方で、次世代スマート社会を実現するためには、やはり現行LiBを超える次世代電池の事業化が必要だとも言われています。
今回のフォーラムでは、改めてLiBの現状と課題について「材料」、「製品」、「アプリケーション」それぞれのステージから講師をお招きし、技術のみならずビジネス面についてもお話しいただきます。

講演終了後、パネルディスカッションをおこない、各ステージから見た、他のステージへのニーズや期待、気づきなど、参加者も交えて意見交換をする場を提供いたします。LiBの現状と課題、電池分野のこれからについて、考えるヒントを得られる場になることを目指しております。

電池分野に関心のある企業の皆様、エレクトロニクス・エネルギーシステム分野のものづくり企業の皆様、ふるってご参加ください。
 

 


 

 

日時:平成27年12月9日(水) 14:00〜17:00(予定) *終了後別会場にて交流会

会場:京都リサーチパーク東地区1号館4階サイエンスホール

対象:エレクトロニクス・エネルギーシステム分野のものづくり企業従事者及び産業支援機関従事者

定員:80名

参加費:無料(交流会はお一人様3,000円)

主催:京都リサーチパーク(株)

お申し込みはこちら


 

プログラム

14:00〜14:10 開会

14:10〜14:30 イントロダクション 京都大学大学院工学研究科 教授 安部 武志 氏

14:30〜15:00 「リチウムイオン電池の最新トピックス(主にビジネス的な側面に関して)」
(株)八山 代表取締役 馬場 良貴 氏

15:00〜15:10 休憩

15:10〜15:40 「リチウムイオン電池の現状と課題」
福井大学産学官連携本部 特命教授 井上 利弘 氏

15:40〜16:10 「電力系統の負荷平準化に貢献する分散型エネルギーマネジメントシステム」
(株)村田製作所 エネルギー事業統括部 商品開発部 廣野 敦 氏

16:10〜16:30 コーヒーブレーク

16:30〜17:00 パネルディスカッション
テーマ「『リチウムイオン二次電池』は今後どうなるのか?」
ファシリテーター:安部 武志 氏
パネラー:馬場 良貴 氏、井上 利弘 氏、廣野 敦 氏

17:10〜 交流会

サマリー・講師経歴はこちらからご覧ください


 

お問合せ
京都リサーチパーク(株)産学公連携部 松浦・松本
TEL 075-315-8491 e2-info@krp.co.jp

 

 


ページのTOPへ