産学公連携

I2 技術フォーラム
『第1回次世代・革新型電池フォーラム』
〜関西から世界へ、世界から関西へ〜

14:00−17:50

次世代・革新型電池は2030年の実装を目指し、既に世界中で研究開発が重ねられています。

このたびは、その中でも最先端で研究をされている京都大学教授 安部武志 氏に

基調講演として次世代電池の考え方についてお話しいただきます。  

 

日時:平成26年10月6日(月)14:00〜17:50<予定>

会場:京都リサーチパーク東地区1号館4階 サイエンスホール

参加費:無料(ただし、交流会はお一人様3,000円)

対象者:エレクトロニクス・電池産業関連のものづくり企業・産業支援機関・研究機関

定 員:120名(定員に達し次第、受付締切)  

お申し込みはこちら

 

プログラム(予定)*進行の関係で時間が変わることがあります。予めご了承ください。

    14:00〜14:20 開会及び主催者あいさつ

    14:20〜14:30 近畿経済産業局より電池に係る政策のご説明

    14:30〜15:30 基調講演:京都大学 教授 安部 武志 氏

          ≪講師紹介≫電気エネルギーの利用効率をあげるべく、電気化学的エネル

          ギーの変換に関する基礎研究や炭素材料へのインターカレーション化学の

          研究に取り組み、その研究内容をリチウムイオン電池、燃料電池、次世代

          電池へ展開している。

    15:30〜15:45 休憩

    15:45〜16:30 特別講演:大阪府産業支援型NPO協議会 環境専門部会長 高田 寛治 氏

               ≪講師前歴≫松下電器産業、松下電池工業で新電池とそれらの材料の

           研究開発を推進。とくに1990年からはEV,HEV用電源とそのシステムの

                      開発を推進

    16:30〜17:30 事例紹介(1):Ceres Power営業技術部長 Steven Rogers氏

                      ≪Ceres Power社 [英国サセックス] ≫1990年代に英国インペリアルカレッジ

                              のSteele教授によって、開発された独自のコア材料を元に、2001年5月に

                              次世代型燃料電池の会社を創設。2014年に初の海外拠点として、

                              京都(KRP地区内)に駐在員事務所を開設。

                   事例紹介(2):リチウムイオン電池の用途、電池、材料の最新トレンドと今後

                                                   (株)八山 代表取締役 馬場 良貴 氏

                             ≪講師前歴≫三洋電機株式会社でニッケル水素電池(エネループ)、リチウム

                             イオン電池および、その材料開発を推進。2012年、株式会社 八山を設立し、

                             コンサルテイングやリチウムイオン電池関係商品販売、技術通訳を通して、

                             業界の活性化を推進中。

        17:30〜17:50 電池関連分野での材料開発・評価・連携の取組紹介  

            (地独)大阪市立工業研究所 理事長 中許 昌美 氏

    17:50         閉会     

    18:00     交流会(有料:@\3,000)

 

◎フライヤー(PDF)の印刷はこちら

 


ページのTOPへ