再生医療サポートプラットフォーム

イベント情報

京都リサーチパーク 開発企画部 075-315-8476 お問い合わせ

平成25年度 再生医療サポートビジネス懇話会

平成25年度懇話会は、早期の再生治療が期待されている「パーキンソン病」や「角膜疾患」、さらには、「変形性膝関節症」についての臨床研究の最新情報をはじめ、細胞の解析や評価に必要な「分子イメージング」や、近年脚光を浴びている脳科学の最先端テクノロジーである「ブレイン・マシン・インターフェース(BMI)」についても取り上げ、これらの研究開発を進めるための必要な器具や機器、装置といった理化学機器や材料、加工技術をはじめ、将来的なビジネス展望についてまでの議論を展開していきます。

 

 

講演内容

第1回 再生医療ビジネスを研究・治療に分けて考えてみよう

日時:平成25年4月26日(金)15:30〜19:30(懇親会を含みます)
講演者:田畑 泰彦 氏(京都大学 再生医科学研究所 生体材料学分野 教授)

再生医療では、細胞の元気度を高め自然治癒力を促して病気を治す。そこで、細胞の元気度を調べる研究、元気な細胞の調製、あるいは体内の細胞を元気にする治療のための材料技術などが必要不可欠である。この研究と治療の両方に「モノ作り」が重要な役割を果している。本講演では、この役割を具体例を挙げてわかりやすく解説する。

 

第2回 分子イメージングの活用による医療イノベーション

日時:平成25年6月24日(月)16:00〜19:00
講演者:渡辺 恭良 氏((独)理化学研究所 ライフサイエンス技術基盤研究センター センター長)

再生医療・細胞/遺伝子治療を進めるにあたり、ヒトでの安全なモニタリング技術が要求される。すなわち、再生に用いる細胞や場作り分子がどの程度、再生の場にきちんと作用し存在するのか、また、機能回復効果判定にはどのような局所バイオマーカーで定量的に望むのか、再生医療の効果確認手段としても分子イメージングの果たす役割は大きいと考える。

 

第3回 変形性膝関節症に対する新たな治療の試み

日時:平成25年8月23日(金)16:00〜19:00
講演者:松田 秀一 氏(京都大学大学院 医学研究科 感覚運動系外科科学講座 整形外科学 教授)

初期変形性関節症に対するスタチンの関節内投与による軟骨変性抑制作用、および進行期関節症/軟骨欠損に対しての骨髄/脂肪由来の幹細胞を用いた骨軟骨再生についての研究結果を報告する。また、末期関節症に対しては人工関節の適応となるが、より正常の動きを再現する人工関節の取り組みについても紹介したい。

 

第4回 角膜治療と再生医療

日時:平成25年10月18日(金)16:00〜19:00
講演者:木下 茂 氏(京都府立医科大学 大学院医学研究科視覚機能再生外科学 教授/京都府立医科大学附属病院長(兼任))

角膜疾患に対して再生医療的アプローチを試みようとする場合には、二通りの考え方がある。一つは重症疾患で従来型の治療方法が奏功しない場合に新規治療法として試みる場合、もう一つは現状よりもより容易で確実な治療法として試みる場合である。今回は、前者の例として培養口腔粘膜細胞シートを用いた治療法、後者の例として培養角膜内皮細胞注入法を紹介する。

 

第5回 ブレイン・マシン・インターフェイス(BMI)開発の現状

日時:平成25年12月13日(金)16:00〜19:00
講演者:吉峰 俊樹 氏(大阪大学大学院 医学系研究科 脳神経外科 教授)

Brain-machine interface (BMI)とは「脳と機械の間で信号をやりとりして人の役に立てる技術」です。私どもは、脳波を解読することにより、「考えるだけで」外部機械を操作できる技術を開発中です。その概要、現状、展望などを紹介させて頂きます。

 

第6回 ES,iPS細胞を用いたパーキンソン病治療

日時:平成26年2月21日(金)16:00〜19:00
講演者:高橋 淳 氏(京都大学iPS細胞研究所 臨床応用研究部門 教授)

パーキンソン病は黒質から線条体に投射するドパミン神経細胞の減少により手足の震えやこわばりが生じる進行性の神経難病である。胎児黒質細胞移植で一定の効果が得られているが、新たな移植細胞の候補としてES, iPS細胞に期待が寄せられている。本講演ではヒトES, iPS細胞から誘導したドパミン神経細胞の移植によりラットおよびカニクイザルパーキンソン病モデルの行動改善が得られることを紹介する。

 

募集要項

場 所 KRP1号館 4階 サイエンスホール
※第1回と第2回は、4号館 地下1階 バズホール
対 象 ○ 再生医療の産業化に興味をお持ちの方
○ 自社の技術やノウハウを用いた再生医療分野の新たな事業展開・ビジネスを目指している方
○ 再生医療に関わる技術やノウハウ、機器や装置、材料、実験道具などに興味をお持ちの方
参加費 80,000円/人
(全6回分 軽食・ドリンク代、資料・参考書代を含みます)

お申し込み受付後、請求書をお送りいたします。
京都リサーチパークの入居企業・団体さまは優遇させていただきますので、事務局までお問い合わせ下さい。
定 員 先着 30名

※お申し込み多数により定員オーバーとなった場合は、締切前でも募集を終了させていただく場合があります。
申込方法

平成25年度の懇話会は終了いたしました。

多数のご参加ありがとうございました。

主 催 京都リサーチパーク株式会社

 

【個人情報のお取り扱いについて】
ご記入いただいた個人情報は、当社において厳正に管理し、当懇話会運営における連絡・報告および名簿作成のほか、再生医療関連のイベント案内に使用します。ご本人の同意なく、第三者に開示・提供することはございません